zkSyncは、新しい「Hyperchains」ネットワークを発表 – 年末にはテストネットが公開されます

Ethereumのゼロ知識プルーフスケーリングシステムであるzkSync Eraは、OptimismのSuperchainコンセプトに対するZK Stackという回答を発表しました。

これは、yperchainsと呼ばれる一連のZKパワードカスタムブロックチェーンのためのモジュラーフレームワークであり、既存のレイヤー2プロトコルの上に新しいレイヤーとして機能します。これらのチェーンは合成可能で相互運用可能であり、L1ブロックチェーンでは不可能な、プロトコル間の流動性とフラッシュローンのほぼ即時の転送を可能にします。

これは、OptimismがCoinbaseのBASEが最初の追加となることを発表した際に発表されたL2のSuperchainネットワークにいくつかの類似点があります。

zkSyncの共同創設者でCEOであるAlex Gluchowski氏は、このシステムが不安定で安全でないトークンブリッジの必要性を排除し、多くの最大の暗号ハッキングに悪用される弱点となっていると語りました。

「私たちはZK Stackを利用できるようになり、それを構築するためにすでに最初の製品に取り組んでいます。そして、これは今年の終わりまでにテストネットで確実に稼働します」と彼は言いました。

Gluchowski氏は、95%以上のDAppsが引き続きL2に直接ポートされると予想していますが、Hyperchainsは、プライバシー、スピード、データ可用性に関する特定の要件を持つプロジェクトによって使用される可能性があります。ゲーム、ソーシャルネットワーク、低遅延の取引所、銀行などが潜在的なユーザーです。

やや控えめな発表の後、zkSync Eraは飛躍的に成長し、総ロックバリューは約6.2億ドルに達しました。現在、月間2080万トランザクションを処理し、秒間約8トランザクション、ピーク時には12 TPSを記録しています。

Gluchowski氏は、ZK Stackをインターネットのフレームワークに例え、ネットワークの無限の拡大を可能にすると述べています。「サーバーを追加し、ケーブルを追加し、接続を追加し、1000台のサーバーから100万台のサーバー、10億台のサーバーまで拡大できます」と彼は言います。「現在のブロックチェーンにはこの性質がありません」

ZK Stackは、トランザクションをZKプルーフにバッチ処理し、それらのZKプルーフをさらに1つの証明にバッチ処理する再帰的スケーリングを利用します。これにより、理論上、システムは任意の需要にスケーリングできます。

関連記事:プライバシー、拡大駆動力ゼロ知識テクノロジーのユースケース

「私たちは依然として複数のプロトコルから複数の証明を組み合わせて、再帰的にそれらを一緒に貼り合わせることができます」と彼は説明し、「しばらくすると、これらのすべてのチェーンの証明を信頼してEthereumに1つの単一の証明を公開するだけです」と付け加えました。

コードはMIT / Apacheライセンスの下で無料かつオープンソースです。 zkSyncは、システムの試験を行うためにすでにいくつかの大きなパートナーが参加しているとKocooに語りましたが、詳細は明らかにしていません。

ZK Stackは理論的にはPolygonのzkEVM、ConsenSysのLinea、StarkNetなどの他のZKロールアップに接続できる可能性がありますが、Gluchowski氏はこれが起こる可能性は低いと示唆しました。そのため、ZK StackはZKロールアップの相互運用性問題を解決することはできないようです。

関連記事:EthereumのZKロールアップが相互運用可能になる方法