zkSyncエラは、新しい証明システム「Boojum」を発表しました

zkSyncはBoojumという新しい証明システムを発表しました

イーサリアムのレイヤー2であるzkSync Eraは、徹底的な分散化を実現するための新しい高性能証明システム「Boojum」をリリースしました。zkSyncは7月17日にTwitterでこの証明システムを発表し、それがSTARKに裏付けられた証明システムへのアップグレードであり、新しく発表されたシステムは一般のハードウェアで実行されるため、パフォーマンスが向上すると述べています。

zkSync EraがBoojumアップグレードを発表

zkSyncは、個人の自由を普遍的に推進するために、安全で許可されていない、手頃な価格のブロックチェーンネットワークの構築に取り組んでいます。zkSync Eraのアルファ版は、SNARKベースのシステムを採用して3月に公開され、ネットワークは大きな活動を展開してきました。過去30日間での総ロックバリューは5億7700万ドルであり、23,750,000件のトランザクションがあります。また、9,735件のソースコード検証済みのスマートコントラクトが記録されています。Boojumのアップグレードは、zkSyncが再生成なしで暗号学的なアップグレードを許可するように設計されているため、中断を引き起こしません。言い換えれば、ユーザーや開発者は、ネットワークが暗号学的なアップグレードを展開する際に、何の混乱もないことを保証されています。zkSyncは、暗号学的なアップグレードに取り組んだ後、Boojumに移行しています。

「Boojumは、ZK回路のアップグレードバージョンをzkSync EraとZK Stackに実装するために使用する、Rustベースの暗号ライブラリの名前です。この名前は、ルイス・キャロルの詩「ハンティング・オブ・ザ・スナーク」に触発されたもので、Boojumは最も恐ろしい種類のスナークを表しています。」

zkSyncは公式発表で、Boojumに関連する特性を強調しました。それにはPLONKスタイルの算術化が含まれます。これは一般の計算を数学的な形式に変換するプロセスです。そのため、ZK回路は「いくつかの代替形式に比べて簡単に書くことができ、システムの開発、監査、維持、アップグレードが容易になる」とzkSyncは述べています。

アップグレードの詳細

Boojumについてさらに語ると、zkSyncはネットワークの効率に貢献する主要なコンポーネントであるFRIコミットメントスキームにも言及しています。さらに、システムの「退屈な」部分の効率性もあります。zkSyncによれば、Boojumでは並列化された証人生成が提供されます。また、回路構造を変更したり、異なるタイプのゲートを選択したりする場合には、効率的な開発プロセスがあります。ユーザーはさまざまな方法でカスタムゲートタイプを含めることができます。

基本的に、BoojumはSTARK、FRI、DEEP-FRIの基礎論文を活用して、世界クラスのパフォーマンスと分散化のためのハードウェア要件の削減能力を提供しています。

zkSyncチームは数ヶ月にわたりBoojumの開発に取り組んでおり、デザイン段階から始まりました。その後、テスト段階に移り、Prime Timeに移行しました。zkSyncは、Boojumの完全な展開に先立ち、ネットワークのセキュリティをさらに監査し、確保すると保証しています。