ZachXBT氏、MachiBigBrotherの告発記事で名誉毀損訴訟を起こされる

暴露記事が、仮想通貨業界の人気オン・チェーン調査家の一人を苦しめるようになりました。ZachXBT氏は、昨年発表した記事について名誉棄損の訴えを受けました。

すべてを始めた物議をかもした記事

約1年前、ZachXBT氏は、Jeffrey Huang氏(別名MachiBigBrother氏)が、失敗したポンプ・アンド・ダンプトークンからNFTプロジェクトまで様々な方法を使って仮想通貨資産を横領していると主張した記事を発表しました。当時、この記事は広く注目されましたが、今までほとんど忘れ去られていました。

オンライン上ではMachi Big Brotherとして知られるJeffrey Huang氏は、元台湾系アメリカ人のミュージシャン兼テクノロジー起業家です。

Huang氏は、1年前の記事が自分の評判に損害を与えたとしてZachXBT氏に名誉棄損の訴訟を起こしました。Huang氏は、Twitterで公開した投稿によると、ZachXBT氏の主張は虚偽で中傷的だと主張しています。そのため、名誉毀損の訴訟を起こすことに決めたとのことです。

しかし、記事をざっと読むと、調査記事であり、詳細にわたる情報提供がされています。ZachXBT氏は、記事の中でオン・チェーン・データを提供して主張を裏付けています。仮想通貨調査家は、当初、Formosa Financialというブロックチェーン企業向けの財務管理プラットフォームから22,000 ETHを横領したとMachi Big Brother氏を非難しました。さらに、ZachXBT氏はMachi XやWifey Financeなどの他のプロジェクトのリストを提供しました。

Total market cap still sitting above $1 trillion | Source: Crypto Total Market Cap on TradingView.com

ZachXBT氏が訴訟に対抗する方法

ZachXBT氏は、この訴訟に対して消極的ではなく、彼が “言論の自由を抑圧する試み”と呼ぶ根拠のない訴訟に反撃しています。ZachXBT氏は、彼のフォロワーや購読者に、検閲やキャンセル文化に反対し、真実が生き残るよう支援を呼びかけました。

彼は、この状況を “古典的なダビデとゴリアテの物語”と表現し、多くの人々が彼の意見表明の権利を擁護するためにソーシャルメディアで発言しています。ボストンに本部を置く弁護士事務所で、元妻アンバー・ハードとの訴訟でジョニー・デップを弁護したことで有名なブラウン・ルドニックが、ZachXBT氏の訴訟を代表することに同意しました。

訴訟を防御するには、多額の費用がかかることがありますが、ZachXBT氏は、フォロワーからの寄付に頼って適切な防御を行うことになります。彼は、この場合、この問題の防御に関連する法的費用が簡単に100万ドルを超える可能性があると述べ、寄付アドレスを提供しています。現時点では、そのアドレスには290,000ドル以上が寄せられています。

この事件の結果は、仮想通貨メディアや、仮想通貨業界の著名人の名誉毀損や中傷に関する規制に重大な影響を与える可能性があります。