「XRP Ledgerの開発者Xummが「インフラの大改修」とは単なるアップグレード以上のことを明らかにする」

Xumm, the developer of XRP Ledger, reveals more than just a simple upgrade with the infrastructure overhaul.

XRP Ledgerの暗号ウォレットであるXummの運営会社は、ネットワークの「インフラ改革」を発表しました。同社は、このアップグレードによりXRPLを次のレベルに引き上げると主張しています。Bitcoinistと共有された公式発表によれば:

これは単なる技術的なアップグレードではありません。これはXRPLの基盤自体を再構築し、すべての参加者に持続可能で効率的かつ包括的な未来を保証する戦略的な動きです。

XRP Ledgerのアップグレードは、ネットワークへの影響を超えていますか?

XummはXRP Ledgerに「高度な」インフラストラクチャがあると考えていますが、柔軟性やパフォーマンスに影響を及ぼすいくつかの重要な問題に取り組むことを目指しています。同社は、現在の能力ではトランザクションの処理や過去のデータの取得に問題があると考えています。

長期的には、これらの問題が新しいユーザーやユースケースの追加に対する台帳の能力に影響を与える可能性があります。Xummの新しいアップデートは、ボトルネックの回避とローカルノードの接続の強化、そしてリアルタイムデータへの「アクセスを保証する」ことで、台帳の能力を向上させることが設定されています。

以下の画像に示されているように、インフラストラクチャのアップグレードにより、台帳上で運営するエンティティはトランザクションをフィルタリングし、詐欺アカウントを回避し、ネットワーク料金を削減し、スケーラビリティを向上させることができます。同社はアップグレードをXRPL財団にソフトウェアとして寄付することを決定しました。

XRPL Labsの創設者兼CEOであるWietse Windは次のように述べています:

これは、XRPLインフラストラクチャの創設以来最も重要なアップグレードであり、より健全で持続可能なXRP Ledgerを追求する上での転換点となる瞬間です。

XRPLのアップデートとエコシステムの改善の潜在能力。出典:Xumm

XRPLユーザー向けの新しいリワード、Airbnbネットワーク

XRPLのインフラストラクチャとエコシステムを改善するだけでなく、Xummはノードオペレーターに対して新しい収益化戦略を導入したいと考えています。その意味で、同社は「XRPLクラスターソフトウェアを再構築」したと主張し、ユーザーに第三者に頼ることをやめるよう促しています。

この変更により、台帳上で運営する個人よりも、非代替性トークンや暗号取引プラットフォームなどの主要なプラットフォームにより多くの財政的圧力がかかることになります。同社は次のように追加しています:

このエコシステムでは、品質の高いハードウェアが監視され、ユーザーは自分のノードをクラスターに接続して近くのソースからクエリを受け取ることができます。リソースを貢献することで、より大きな消費者からの請求の大部分を獲得することができます。これは「XRPLインフラストラクチャのためのAirbnb」というものです。

このインフラストラクチャのアップデートの利点には、次のものがあります:

  • より良い安定性。
  • リアルタイムのトランザクション処理の保証。
  • エコシステム全体での接続の一貫性。

全体的に、これらの改善により個人が利益を得ることができます。Xummは次のように結論付けています:

この開発により、供給と需要を動的にマッチングさせる柔軟なエコシステムプラットフォームが確保されます。パブリックインフラを柔軟でスケーラブルかつ安価に保つことができます。

この執筆時点では、XRPの価格は0.5ドルで、小さなタイムフレームで横ばいの動きをしています。

XRPの価格は、デイリーチャートで過去数日間横ばいの動きをしています。出典:XRPUSDT on Tradingview

カバー画像はUnsplash、チャートはTradingviewから。