XRP価格予測は、7億ドルの取引量が増える中、クジラは売却しているのか?

XRP(XRP)は、米国のフィンテック企業Rippleによって作成された分散型支払いに焦点を当てたXRP Ledgerを動かす暗号通貨であり、当日の新たな月次最低値にスリップした後、再び上昇しました。

XRPは最後の取引で約0.4650ドルで取引され、1%未満の上昇となりましたが、先週の月次最高値である約0.50ドルに比べて約6%低下しています。

この仮想通貨は過去24時間で高い取引量を記録し、主要な取引所で700万ドル以上のXRPがCoinGeckoによると取引されています。

しかし、これは仮想通貨を上昇させるのに役立たず、2023年初頭以来の重要な上昇トレンドを下回るXRPが売られ続けていることを示す可能性があります。

価格予測 – XRPは次にどこへ向かうのか?

XRPのブルたちにとって懸念すべきことは、XRPが今週2023年の初めから続いている上昇トレンドを下回ったことです。

その結果、価格予測はより悲観的になり、XRPの技術的な見通しも暗くなりました。

この上昇トレンドの下での週間クローズが確認されると、0.44ドル以下の200日移動平均の再テストが予想されます。

0.41ドル近辺での抵抗レベルからサポートレベルに転じる再テストも予想されます。

XRPがこれらのレベルまで急落する可能性があれば、長期的なXRPブルたちが参加し、ロングポジションを追加する魅力的なエリアとなるでしょう。

なぜなら、このエリアはRippleのSECとの訴訟に対する楽観的な見通しが高まった3月初旬にXRPが取引されていた場所です。

3月以降、その楽観的な見通しに変化はありません。

実際、SECは最近、元高官ウィリアム・ヒンマンが行ったスピーチに関連する物議を醸す文書を公開することを強いられたため、SECのケースは以前よりもさらに弱くなったようです。

SECに対するRippleの好意的な結果を前提とすれば、XRPは2023年で最も成績の良い暗号通貨の一つになると思われます。

XRPが長期的な0.55-59ドルの抵抗レベルを突破することができれば、0.90ドル台への急速な回復が高い可能性があります。

XRP(XRP)の代替案 – Wall Street Memes(WSM)

Wall Street Memesは、2021年のミーム株ブームで知名度を上げ、最近は新しい$WSMトークンのプレセールで仮想通貨の領域での関連性を拡大しています。

現在、$WSMのプレセールは1か月以上で1326万ドル以上を調達しており、Wall Street Memesのコミュニティの規模を考えると、これは驚くべきことではありません。

wallstbets Instagramアカウントには523,000人以上の熱心なコミュニティメンバーがいるだけでなく、Twitterにも214,000人以上、その他のInstagramチャンネルであるwallstgonewildとwallstbullsnftにも100,000人以上のメンバーがいます。

Wall Street Memesは、100万人以上の社会的なデゲンのコミュニティを持っており、これにより$WSMトークンがBinanceなどの一流の仮想通貨取引所に上場されることがほぼ確実です。

トークン供給量の30%がコミュニティリワードに保持されているため、ホルダーへのエアドロップがエコシステムの大きな一部となることが合理的に予想されます。

実際、最初の$WSMのエアドロップは現在開催されています。

分析家たちは、取引所に上場する際にWall Street Memesに大きな期待を寄せており、あなたもその一部になることができます。

こちらでWall Street Memesを訪れてください

免責事項:仮想通貨はリスクの高い資産クラスです。この記事は情報提供のために提供されており、投資アドバイスではありません。資本をすべて失う可能性があります。