XRP FUDの急増、これが価格反転を引き起こすのか?

'XRP FUD急増、価格反転の原因か?'

データによると、XRPに関連するFUDが現在、ソーシャルメディアプラットフォームで広がっている可能性があります。これは価格の逆転を助けるかもしれない兆候です。

XRPのソーシャルドミナンスが上昇している一方で価格は下落しています

オンチェーン分析会社のSantimentによるデータによると、XRPに関する議論が過去1日間で急増しています。ここで関連する指標は「ソーシャルボリューム」であり、特定の暗号通貨に言及している一意のソーシャルメディアテキストドキュメントの総数を測定します。

ここでのソーシャルメディアテキストドキュメントとは、Twitter、Reddit、Telegram、4chanなどの主要なプラットフォームから収集された投稿、スレッド、その他のテキストベースのデータの集合を指します。

この指標は「一意」なドキュメントの数のみをカウントするため、個々の投稿がどれだけ用語を言及しているかに関係なく、同じ重みがあります(もちろん、少なくとも1つの言及がある場合にのみカウントされます)。

この制限により、資産について多くの言及がある投稿が単独でソーシャルボリュームを歪めることはありません。したがって、この指標は、平均的なソーシャルメディアユーザーからのコインの議論の程度についてのヒントを提供できます。

さて、ここに過去1か月間のXRPソーシャルボリュームの傾向を示すチャートがあります:

メトリックの値は最近かなり高いようです | 出典: TwitterのSantiment

上記のグラフに示されているように、XRPのソーシャルボリュームは過去1日間ほどでいくつかの高い値を記録しています。これは、この期間において暗号通貨に関連する議論が活発化したことを示唆しています。

グラフでは、別の指標である「ソーシャルドミナンス」のデータも表示されています。この指標は、上位100の暗号通貨(時価総額順)の総ソーシャルボリュームのうち、個々のコインがどれだけ貢献しているかを示します。

グラフからは、XRPのソーシャルドミナンスも最近大幅に上昇していることがわかります。当然ながら、この傾向はソーシャルメディアプラットフォームでの議論の割合が増加したことを示唆しています。

ここから推測されるのは、最新のソーシャルボリュームの増加が暗号通貨セクター全体での議論の一般的な上昇によるものではなく、XRPに対する関心の増加によるものです(そうでなければ、ソーシャルボリュームの上昇後もソーシャルドミナンスはあまり変化しなかったでしょう)。

このように、価格が下落している中でこの資産への高い関心が高まっているため、これらの議論は投資家が恐怖を感じていることによるものと思われます。

歴史的に、市場は一般的な予想と逆方向に動く傾向があり、投資家がより強い意見を持つにつれて、逆の動きの確率が高まります。したがって、XRPトレーダーの間で現在FUDが広まっている可能性が高いため、価格はこれを利用して反発する可能性があります。

XRP価格

執筆時点では、XRPは約0.47ドルで取引されており、過去1週間で2%下落しています。

最近資産が下落しているようです | 出典: TradingViewのXRPUSD