XRPは、SECのHinmanによって、Ethereumの利益のために攻撃されたとされています

Rippleと証券取引委員会(SEC)の法的争いが新たな展開を見せています。トップ弁護士たちは、元SECディレクターのウィリアム・ヒンマン氏がEthereum(ETH)に有利な形でXRPを攻撃するために報酬を受けたと非難しています。

ヒンマン氏のメールや2018年6月のスピーチの草案が公開されたことを受け、XRP支持派の弁護士であるジョン・デイトン氏は最近のCryptoLawポッドキャストで公開された文書の意図について不満を表明しました。

Ethereumに有利な形でXRPを貶めるための報酬?

弁護士で暗号通貨専門家のジェレミー・ホーガン氏もこの問題について意見を表明し、元SEC法人財務担当ディレクターであるビル・ヒンマン氏がEthereumが証券ではないと宣言したスピーチを行うために報酬を受けたと主張しました。

ホーガン氏によれば、トップクラスの暗号通貨企業であるRippleは、ヒンマン氏がEthereum財団またはEthereumに関係のある人物からスピーチを行うよう依頼され、Ethereumがフリーパスを得たと主張しています。

ホーガン氏の主張は、ヒンマン氏と同僚のメールのやり取りに基づいており、報告書によると、ヒンマン氏はスピーチの作業を始める前にすでに最初のメールを「Etherスピーチ」と名付けていたとされています。

これにより、ホーガン氏は、「最初から」ヒンマン氏がETHが証券でないと言っており、それがスピーチを行う目的だったと指摘しています。

ヒンマン氏が2018年に行ったスピーチは、暗号通貨業界で重要な瞬間の1つと見なされ、SECがEthereumが証券ではないと宣言したことを事実上示した瞬間と見られています。

これは、Ethereumと広範な暗号通貨産業にとって重要な勝利と見なされ、SECがどのように暗号通貨を規制するかについての明確な指針を提供しました。

しかし、ホーガン氏は、当時Ethereumの最大の競合相手であったXRPを攻撃するためのフリーパスであるだけでなく、XRPへの攻撃でもあったと主張しています。これは、RippleがSECとの法的争いを続けている中での主張であり、RippleはXRPが証券ではなく、そのように規制されるべきではないと主張しています。

ホーガン氏の主張は、SECと暗号通貨産業の関係や、SECの決定が外部要因によってどの程度影響を受けているかについての推測を助長する可能性があります。ただし、ホーガン氏の主張は推測に基づいており、証明されていません。

現在、XRPの価値は0.4731ドルであり、過去1日間にわずかに回復しています。これは、水曜日に0.4564ドルまで下落した後のことです。最近の下落にもかかわらず、XRPの支持者たちは楽観的であり、新しい年間高値の0.5833ドルを上回ることができる、肯定的な結果を期待しています。

これにより、市場で6番目に大きな暗号通貨であるXRPが1ドルのマイルストーンに到達するための有利な位置に立つことができます。

Unsplashからの注目画像、TradingView.comからのチャート