XRPは取引量でBTCを上回り、SECの訴訟において部分的な勝利を喜んでいます

XRPの取引量がBTCを上回り、SEC訴訟で一部勝利を喜んでいます

アメリカ証券取引委員会(SEC)に提訴された訴訟に関する7月13日の判決は、XRPトークンへの前例のない関心を引き起こしました。裁判の決定以降のわずか数日間で、XRP(XRP)の取引が急増し、Kaikoによると、月間取引高で他のすべての暗号通貨を上回りました。

7月17日に公開された研究レポートでは、裁判の決定以降、XRPの取引が61%増加したと記載されています。月曜日の朝、XRPは世界の取引高の21%を占め、ビットコイン(BTC)の20%を上回りました。この期間におけるイーサリアム(ETH)の取引高は8%でした。

関連記事:XRPの判決は「画期的な瞬間」ですが、まだ安心できる状況ではありません-弁護士

XRPの価格は15か月ぶりの高値に達し、取引量も10か月ぶりの高値となりました。レポートは、「[G]lobalな取引活動は依然として控えめである」と述べ、取引量の比較的控えめな増加の理由としています。さらに、「XRPを除くオルトコインの取引量は予想ほど大きく増加しなかった」とも述べています。

#XRPは先週の裁判の判決以来、最も取引量の多いアセットとなりました。すべての暗号通貨の取引量の21%がXRPになりました。 pic.twitter.com/OLdTQrk1kO

— Kaiko (@KaikoData) July 17, 2023

判決後数時間でXRPの時価総額は212億ドル増加し、7位から4位に上昇しました。XRPの取引は、トークンがアメリカの暗号通貨取引所に戻ったことによって支援されました。しかし、Kaikoのレポートによれば、XRPは2020年に提訴されたSECの訴訟によって国際的な支持のおかげで驚くほどの下降を経験せずに済みました。

「XRPについて興味深いのは、訴訟や取引所からの上場廃止が当時の価格や取引量に過度の負の影響を与えなかったことです。」

特に韓国では引き続き関心が高く、訴訟提起後、UpbitとBithumbの取引所では467兆ドルの取引が行われました。バイナンスはその期間に600兆ドル以上の取引を処理しました。

SECは判決を控訴する可能性がありますとKaikoは述べています。RippleのCEOであるBrad Garlinghouseは、控訴の決定がRippleに有利になるとの自信を表明しました。

雑誌:韓国のユニークで素晴らしい暗号通貨の世界