XRPの取引量が裁判所の判決により1分間に100万件を超えました

XRPの取引量が裁判所の判決により急増しました

リップル対SEC事件における有利な裁判の判決を受けて、XRPは需要と取引活動の驚異的な急増を目撃しています。世界中で1分間に100万件以上の取引が行われ、XRPは世界中の投資家の注目の的となっています。

この前例のない成長は、法的な不確実性と取引制限の期間の後に訪れ、仮想通貨市場での成功の可能性を持つXRPを位置づけています。

XRPのマイルストーン:1分あたり100万件以上の取引が成長を引き起こす

「Crypto Crusader」として知られるビジョナリーエンタープレナーで自称のNickは、XRPに内在する無比の成長ポテンシャルを迅速に認識しました。

Nickはソーシャルメディアに投稿し、XRPへの需要の急増に驚愕し、その持続的な上昇トラジェクトリーを強調するツイートをしました。Nickは固い自信を持って、この驚異的なマイルストーンがXRPの非凡な旅の始まりに過ぎないと信じています。

また、XRPは7月13日に104億ドルの取引高の急増を経験しました。ただし、この数字は印象的に見えるものの、XRPの歴史上では76番目に大きな取引高となります。

この観察結果は、XRPが持つ莫大なポテンシャルを強調し、最近の取引量の急増がまさに始まりに過ぎない可能性を示唆しています。

人気のある仮想通貨YouTubeチャンネルXRPArcadeのホストであるLeonidasのツイートもこの点を補強し、「7月13日、XRPの取引高が104億ドルに急増しました。これは大きな数字のように思えますが、過去にCoinMarketCap(CMC)で記録されたXRPの取引高では76番目になります。最高は2021年4月6日にほぼ370億ドルでした。」と述べています。

この歴史的な文脈は、XRPが過去にさらに高い取引量を達成してきたことを強調し、さらなる成長の可能性を示唆しています。

XRPの価格は0.73ドルで推移中 | 出典:TradingView.comのXRPUSD

裁判の判決と取引所の再上場に続いて、日次取引量が18倍に急増

裁判所の判決によりXRPが証券ではないと宣言され、XRPは取引量が急激に増加し、1日で6億1300万ドルから112億ドルにまで増加しました。

ニューヨーク南部地区裁判所の判決は、XRPへの投資家の関心を再燃させ、Coinbase、Kraken、Crypto.comなどの主要な取引所が資産を再上場させる結果となりました。

市場はこれに応じてXRPの価値が0.47ドルから0.87ドルへ85%急騰し、現在は市場の下落にもかかわらず0.78ドルで取引されています。

さらに、XRPの時価総額も大幅に増加し、過去24時間で408億ドルに達しました。この急増により、XRPは時価総額においてビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザーUSD(USDT)に次ぐ第4位の仮想通貨となりました。

デリバティブ市場も興味が増し、XRPデリバティブのファンディングレートとオープンインタレストは今年最高水準に達し、トレーダーの信頼感が高まっていることを示しています。