なぜXRPの価格が今日上昇しているのですか?

XRPの価格上昇の理由は何ですか?

XRP(XRP)の価格は、ニューヨーク南地区の連邦地方裁判所のアナリサ・トーレス裁判長が、米国証券取引委員会(SEC)の主張であるXRPが証券であるという主張に反対する判決を下したニュースにより、今日は上昇しています。

判決が公になった直後、XRPの価格は64.74%上昇し、XRPに対する市場参加者の見方としては好意的な兆候と見なされ、1年ぶりの高値である0.77ドルまで上昇しました。

XRP/USDT price. Source: TradingView

有利な裁判判決後、XRPと関連銘柄が急上昇

リップルの長年の法的闘争とXRPの有用性に関する投資家の懸念が、このオルトコインの価格に長い間影響を与えてきました。少なくとも1年以上にわたり、多くのアナリストは連邦裁判所での肯定的な判決がXRPの価格の急騰につながると予測しており、それが2023年7月13日に実現しました。

ニューヨーク南地区の連邦地方裁判所のアナリサ・トーレス判事は、4つの問題のうち3つについて、特定のシナリオではXRPトークンは証券ではないと判断し、リップル・ラボに有利な判決を下しました。

この判決は、SECが2022年12月22日にリップルに対して提起した訴訟の約3年後になされました。その後、SECから修正訴状が2021年2月18日に提出されました。

興味深いことに、主要取引所が登録されていない証券発行の可能性があるという懸念から最近上場廃止となった他のトークンも急騰しました。

1時間での最大利益を上げた銘柄には、$MATIC、$SOL、$ADAが含まれます。これら3つは、SECがBinanceとCoinbaseに対して訴訟を起こした際に証券と名指しされた後、Robinhoodによって上場廃止されました。

— Andrew T (@Blockanalia) 2023年7月13日

XRPの姉妹トークンであるステラ(XLM)もリップルの後に続き、掲載時点で36.2%上昇し、ほぼ9ヶ月ぶりの高値である0.13ドルに達しました。

今日の判決の結果、いくつかのアナリストは、リップルに対するSECの敗訴が、暗号通貨に特化した企業に対する他の執行手続きの有効性を疑問視すると指摘しています。一部では、今日の判決がSECが長年にわたるビットコインETFの承認に対する抵抗を妨げる可能性があるとさえ言われています。

XRPが証券でないと宣言された後、Coinbaseの株価は1時間で8%上昇しました。市場はSECに対するCoinbaseの訴訟勝訴の可能性が高まっていると評価しています。

— Will Clemente (@WClementeIII) 2023年7月13日

年初来、XRPは114%上昇しています。オルトコインはまだ最高値である3.40ドルから大幅に下落していますが、今日のSECに対する勝利は長期的な転換の始まりとなる可能性があります。