「ワールドコインのハイプが日々の取引量でオプティミズムを飛び越える」

Worldcoin's hype surpasses optimism in daily trading volume.

Layer-2ブロックチェーンのOptimismは、Dune Analyticsによれば、6ヶ月ぶりに取引量でライバルのArbitrumを上回りました。

7月25日、Optimismは合計844,290件の取引を記録し、一方のArbitrumは合計630,534件の取引を記録しました。この上昇は、Optimismブロックチェーンを基にしたChat GPTのSam Altmanが設立した暗号AI企業であるWorldcoin(WLD)のリリースに起因しています。

OptimismとArbitrumの比較(Dune Analytics)

Worldcoinは最初のリリース時に多くの関心を集めましたが、世界中の特定の場所で目をスキャンしたユーザーに報酬を与えるエアドロップを行った結果、25万人以上の保有者を獲得しました。

詳細はこちら: Worldcoinのローンチの内幕:オーブの中

Optimismのネイティブトークン(OP)は過去24時間で4.5%上昇しており、今週のトークンアンロックからの売り圧力に対抗しているようです。

オンチェーントランザクションの数ではOptimismが優位ですが、アクティブウォレット数ではArbitrumに劣り、Optimismは51,062件、Arbitrumは63,893件となっています。

Optimism上の活動の一部は、先月第2バージョンをリリースした分散型取引所(DEX)であるVelodromeによるものです。DefiLlamaによれば、Velodrome上の総ロックバリュー(TVL)は過去1ヶ月で39%増加し、2億5800万ドルに達しています。