ウィンクルボス兄弟は、「暗号通貨に対する戦争」が民主党に損害を与えると予測しています

仮想通貨の富豪キャメロン・ウィンクルボス氏は、エリザベス・ウォーレン上院議員とSECのゲイリー・ゲンスラー委員長による仮想通貨に対する継続的な攻撃が民主党に害を及ぼすと警告しています。

「ウォーレン上院議員とゲンスラー氏による仮想通貨への戦争は、次世代の民主党支持者を完全に遠ざけることになるでしょう」と、仮想通貨のボスは土曜日のツイートで述べました。

彼は、CNNの記事を引用し、中間選挙における若者たちの強い民主党の支持によって、民主党が勝利したと主張しています。

報告書は、民主党の下院候補者が45歳以下の有権者を13ポイント獲得し、45歳以上の有権者から10ポイント負けたことを指摘し、「若い有権者の支持なしには、民主党は敗北していただろう」と述べています。

これに言及し、キャメロン氏は、若者の投票を勝ち取ることは、民主党の戦略の重要な部分であると述べました。「民主党は、若者の投票が勝利につながると信じています。」

しかし、最近の規制当局の監視は、多くのミレニアル世代やジェネレーションZの支持者が仮想通貨を支持しているため、民主党の若者の投票に悪影響を与える可能性があると、仮想通貨のベテランは述べています。

「彼らは仮想通貨の優位性について議論しません。彼らは次にどこに何を構築するかを議論しています。何百万人もの人々が生活資金を仮想通貨に投資しています。彼らは、ウォーレン上院議員とゲンスラー氏が引き起こした価値の破壊を忘れることはありません。」

彼は続けて、民主党は、彼らの行動が次の選挙サイクルの若者の投票に与える影響を「極端に誤った計算」をしていると述べました。

別のツイートで、キャメロン氏の双子の兄弟であるタイラー・ウィンクルボス氏は、2014年に双子の兄弟が共同設立した仮想通貨取引所ジェミニの共同創設者である彼は同感でした。

「Roe [v. Wade]は共和党に中間選挙で負けさせた。」とタイラー氏は日曜日にツイートした。「ウォーレン上院議員とゲイリー・ゲンスラーによる仮想通貨への戦争は、民主党に2024年の選挙で負けさせるだろう。」

ウォーレン上院議員とゲンスラー委員長:長年の仮想通貨批判者

ウォーレン上院議員とゲンスラー氏は、ともに長年の仮想通貨批判者です。

ウォーレン上院議員は、今年「反仮想通貨軍団」で注目を集めました。最近は、テクノロジーが致死性のフェンタニル取引を資金提供していると主張し、広く仮想通貨が犯罪者によって使用されていると主張しています。

一方、ゲンスラー氏は、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスと、最大の米国ベースの仮想通貨取引所であるコインベースの両方を訴えたSECの対象となっています。

コインベースへの告発が発表された直後のCNBC Squawk Boxのインタビューで、ゲンスラー氏は、仮想通貨企業は証券法に準拠する必要があると述べました。

告発が行われる前に機関との会話について尋ねられた際、ゲンスラー氏は、業界が「捕まえられたら負け」という状況に似ていると述べ、ビジネスモデルが非コンプライアンスに基づいていると述べました。

「会話は建設的でしたが、彼らがコンプライアンスに基づいたビジネスモデルを持ち込むことについてです。」とゲンスラー氏は付け加えました。

一方、共和党には、仮想通貨に対する親善的な上院議員、シンシア・ラムミス上院議員などがいます。

「SECの規制執行による影響は引き続き消費者に損害を与えています。」とラムミス氏は先週声明で述べ、「代わりに、取引所が準拠できる堅固な法的枠組みを作成することを勧めます。」