ウィンクルヴォス兄弟、DCGのシルバート氏に公開書簡を送り、1.47Bドルの支払いを要求

仮想通貨取引所Geminiの創業者兼CEOであるキャメロン・ウィンクルボスは、Digital Currency Group(DCG)のCEOであるバリー・シルバートへの公開書簡を発表しました。この7月3日付の書簡では、ウィンクルボスがシルバートを非難し、彼が実際の犯人であるにもかかわらず、常に被害者のカードを使っていると批判しています。

ウィンクルボスによると、DCGは「嘘と欺瞞の文化」に基づいて構築されたビジネスです。その「詐欺的な」行為は、Geminiの23万2,000人以上のEarnの顧客に多大な損害を与えていると彼は付け加えました。

明確さのために、報道によれば、Earnの顧客は破産したGenesis Global(DCGが所有する)に1,200万ドル以上の資産を抱えているとのことです。

ウィンクルボスがシルバートに要求を提示し最後通告を行う

ウィンクルボスが書簡で述べたように、DCGには総額146億ドルの債務を返済するか、訴訟に直面するよう求めています。その支払いには5月に支払われる予定だった6億3000万ドルも含まれます。

ただし、善意の証として、ウィンクルボス氏は自社が3回の分割払いを受け入れると述べています。この提案では、DCGには最新の7月21日までに2億7500万ドルの最初の支払いを行うよう求めます。2025年7月21日までに追加の3億5500万ドルの支払いがあります。そして最後に、2028年7月21日までに8億3500万ドルの支払いがあります。これは今後5年間のものです。

書簡には、これがGeminiの最終オファーであり、シルバートが7月6日午後4時までに応答しなければ、2社は裁判所で対面することになると書かれています。ウィンクルボスは次のように書いています:

「この提案は公正かつ合理的であり、ディールをサポートする必要がある債権者に受け入れられる最低ラインを表しています。」

ウィンクルボスとGeminiは、支払いがビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、および米ドル(USD)で行われることを望んでいます。ただし、破産したエンティティから直接資金を調達することも求めています。これにはGenesis、FTX、およびThree Arrows Capital(3AC)が含まれます。

問題の核心

Geminiは、小売のEarnプログラムの一環として顧客の資金をDCGのGenesisに貸し出していました。しかし、昨年仮想通貨業界を襲った信用危機に巻き込まれたことで、事態は急転しました。

11月にGenesisは一時的な出金停止を発表し、その後1月19日に破産を申請しました。それ以来、GeminiはGenesisが債権者に借りている数十億ドルの一部を回収することを求めています。