ウィンブルドン2023年大会で、AIによるハイライト解説が特集される予定です

ウィンブルドンテニストーナメントは、ファンエンゲージメントを向上させるために、今年人工知能(AI)を活用した解説や選手分析を導入し、ファンがフォローする選手に合わせた分析を提供することが発表されました。

6月21日にオールイングランドローンテニスクラブ(AELTC)とテクノロジー企業IBMが発表したところによると、世界最古のテニストーナメントであるウィンブルドンテニストーナメントは、この新しい技術をオンラインプラットフォーム全体に導入する計画を明らかにしました。

新しいAI解説機能は、IBMのWatsonXテクノロジーで動作するもので、AELTCとの共同開発により、試合のハイライトビデオのためのオーディオとキャプションを生成します。この革新的な機能は、テニスに特化した言語を使用して、キーモーメントについての洞察を提供するように設計されています。

AELTCのマーケティング・コマーシャルディレクターであるUsama Al-Qassab氏は、「我々はIBMのパートナーと常に革新的なことに取り組んでおり、世界中のウィンブルドンファンに、選手権の洞察力のあるエンゲージメントを提供することを目指しています。」と述べました。

彼はまた、AI機能により、ファンが「様々な試合」の解説にアクセスできるようになると述べました。

一方、メジャーマッチである「ショーコート」では人間の解説が提供されていますが、シニア、ジュニア、車いすマッチなどの他のイベントでは、専門家による解説が欠けています。

IBMは、1990年以来ウィンブルドンテニストーナメントの公式パートナーであり、選手の「パワー指数」、試合の洞察力、パーソナライズされたハイライトリールなど、さまざまなAIパワー分析ツールを提供しています。ドロー分析機能も導入され、各選手のシングルス決勝進出への有利性を評価する新しい統計情報が提供されます。

関連記事: 米上院議員チャック・シューマー氏、包括的なAI法案の採用を呼びかけ

IBMのマーケティング・コミュニケーション上級副社長であるJonathan Adashek氏によると、同社は、AI技術がウィンブルドンを含む大規模なスポーツイベントを向上させ、卓越したデジタルエクスペリエンスを提供することで、より多くの観客を引き付ける可能性を認識しています。

報道によると、IBMの研究者は既に2019年にスポーツマッチの実況解説を行うAIソフトウェアに取り組んでいました。そして最近では、同社が4月に開催されたマスターズトーナメントゴルフ選手権のクリップにAI生成の解説を追加したと報じられています。

関連記事: AI Eye:AIは核レベルの脅威か?AI分野はすべて同時に進化し、愚かなピックアップライン