「Fedが新しい即時決済サービスFedNowを開始 – これは仮想通貨のユースケースを損なうのか?」

Will the launch of Fed's new instant settlement service, FedNow, undermine the use cases of cryptocurrencies?

Federal Reserve / Source: Adobe

米連邦準備制度は、長らく待たれていたFedNowサービスが本格稼働したと発表しました。

連邦準備制度のウェブサイトによると、全ての銀行と信用組合がこのツールに登録し、顧客のために一日中、一年中いつでも即座に資金を送金できるようになったとのことです。

連邦準備制度の発表によれば、FedNowサービスは既に35人のユーザーを持つことからスタートしました。

これには、連邦準備制度が「早期採用」銀行や信用組合、そして米国財務省の融資局も含まれています。

さらに、16のサービスプロバイダーがサービスの支払い処理をサポートする準備ができています。

FedNowは暗号通貨のユースケースを損なうのか?

暗号通貨の主要なユースケースの一つは、個人間の24時間365日の即時送金手段を提供することです。

連邦準備制度のFedNowサービスが開始される前は、アメリカでの資金の送金は煩雑なものでした。

多くの既存のクリアリングハウスシステムは、同日サービスしか提供しておらず、小切手の現金化には数日または数週間の遅延が生じることもありました。

しかし、連邦準備制度が24時間365日の即時送金サービスを開始したことで、暗号通貨のユースケースが弱体化した可能性があるという懸念があります。

もちろん、24時間365日の即時送金は、暗号通貨の主要なユースケースの一部に過ぎません。

おそらく最も重要なユースケースは、暗号通貨の分散化、特にBitcoin、Litecoin、Ethereumブロックチェーンの分散化です。

分散化とは、システムに単一の障害点がなく、個人や組織がネットワークを自己都合によって遮断したり、他者に対して不利益をもたらしたりすることができないことを意味します。

これは、銀行口座や取引、FedNowサービスを通じた取引を含む、伝統的な金融の中央集権世界とは対照的です。

さらに、ブロックチェーンは設計上完全に透明であり、伝統的な金融セクターにはまったく存在しない特徴です。

中央銀行デジタル通貨への一歩?

FedNowサービスの批判者は、それが中央集権的に制御された連邦準備制度のデジタル通貨、または中央銀行デジタル通貨(CBDC)への一歩であると主張しています。

多くの暗号通貨と自由派の支持者は、政府が政治的な目的のために市民のほぼすべての側面を制御するために理論的に使用できる中央集権型のデジタル通貨に対して戦慄を抱いています。

「私たちはCBDCへの一歩を踏み出しました」と、暗号通貨のインフルエンサーでありBitcoinの最大派閥の一員であるLayah HeilpernはTwitterで述べています。

「中央集権的なCBDCが来る」とJoni Jobは述べました。

しかし、連邦準備制度はFedNowサービスがデジタル通貨とは関係がないことを強調しています。

「FedNowサービスはデジタル通貨と関連していません」と連邦準備制度は述べています。

「FedNowサービスは通貨の形態でも支払いの形態を排除する一歩でもありません」と述べています。

ただし、アメリカ財務省はCBDCの研究を検討しており、ジャネット・イエレン財務長官は過去に検討する価値があると述べています。

ただし、議会が実現を妨げる可能性もあります。

両党の米国議会議員は、連邦準備制度が中央銀行デジタル通貨を発行するのを阻止するための法案を5月に提出しました。