WikiLeaks創設者ジュリアン・アサンジ氏は、挑戦に敗れた後、引き渡しに直面しています

ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサンジは、機密の米軍記録や外交ケーブルの公開に関連する18件の容疑で指名手配され、英国からアメリカに引き渡されることになる。しかしながら、アサンジは来週にも上訴を行うとロイターが報じた。英国高等裁判所は、アサンジが引き渡し決定に異議を唱える法的根拠がないと判断した。

以前、英国の裁判官は、アサンジの精神的健康や最高保安刑務所での拘留による自殺のリスクに関する懸念を引き合いに出し、アサンジの引き渡しに反対した。しかし、アメリカ当局が保証を提供し、アサンジをオーストラリアに移送して刑を執行する可能性を示したため、控訴によって決定は覆された。

ウィキリークスは、2010年に機密ファイルや外交ケーブルを公開し、米軍史上最大のセキュリティ違反の一つとして注目を集めた。ジャーナリストとして、アサンジのプラットフォームは、米軍による戦争犯罪や信頼を大きく裏切る行為を浮き彫りにした。政府が行った犯罪や行動を明るみに出すためのアサンジの努力は、機密情報を報じる場合にもジャーナリストが受けるべき保護措置があるにもかかわらず、激しい報復に直面している。アサンジの仕事を罰することは、政府の事情に深く関与するジャーナリストに対して、例を示すことになる。

アサンジのケースは国際的な注目を集め、報道の自由や内部告発者に対する潜在的な影響についての議論を引き起こしている。来週の上訴は、アサンジがアメリカに引き渡されることに抗議し続ける中で、彼の運命を決定する重要な瞬間となるだろう。

Kocoo Printの最新号は、「ゲートキーパーズ・イシュー」で、表紙にはアサンジが登場している。「ゲートキーパーズ・イシュー」の編集者たちが、表紙ストーリーのダウンロードページで説明しているように、「Dear Julian」と題したアサンジへの公開書簡で、筆者はアサンジの行動を古代ギリシャの巨人プロメテウスにたとえている。全文を読むには、メールアドレスを入力して公開書簡の仮想コピーを受け取ることができる。そして、「ゲートキーパーズ・イシュー」を完全に理解するためには、こちらから購読することができる。