なぜZKロールアップにはデータ可用性が必要なのか- Polygon共同創設者

ゼロ知識証明は、ブロックチェーン技術の重要な進歩として歓迎されましたが、これらのプロトコルの効果的な活用には、その全ての可能性を引き出すためにデータ供給解決策の効率化が必要です。

Polygonの共同創設者であり、ブロックチェーンデータ供給プロトコルであるAvailのアヌラグ・アージュン氏は、Kocooのインタビューで、ZKロールアップにおけるデータ供給の重要性を強調しました。

ZKロールアップは、ブロックチェーンネットワークのレイヤー2スケーリングソリューションであり、暗号プルーフの提供によりトランザクションをバッチ処理してレイヤー1ブロックチェーンに提出することができます。ZKプルーフは、ブロックチェーンシステムのセキュリティを維持しながら、より高速かつ効率的なトランザクション処理を目指しています。

EthereumがMerge以降のプルーフ・オブ・ステークへの移行に沿ってロードマップを進めるにつれ、トランザクションのバッチ処理と検証に対するロールアップスケーリングプロトコルへの依存が増すにつれて、データ供給が重要な要素となることが予想されます。

ポリゴン・ラボからの分離後、Availの成長を主導しているアージュン氏は、将来のベースレイヤーブロックチェーンプロトコルは、実行ではなく、プルーフ、検証、決済のためにデータ供給を最適化する必要があると述べました。

「もし実行がレイヤー2またはロールアップでスケーリングされている場合、ベースレイヤーは実行について心配する必要はありません。彼らは、データ供給のために使用されることがあるものに最適化する必要があります。」

この移行により、ブロックチェーン技術は、「単一のブロックチェーンアーキテクチャ」から、Availのようなモジュラーセットアップなどのよりモジュラーなセットアップに移行します。Availは、ZKロールアップとその他のオフチェーンスケーリングソリューションのインフラストラクチャを提供します。

関連記事:Polygonの「聖杯」となるEthereumスケーリングzkEVMベータ版がメインネットに登場

アージュン氏は、ZKプルーフは、ブロックチェーンシステムにおいて暗号経済学的前提条件を必要としなくなったことから、過小評価されていると述べました。

「これは全体的な景色を変えます。非常に重い実行エンジンやバリデータランシステムが必要なくなり、ZKが実行プルーフ保証を提供するからです。必要なものは、データ供給だけです。」

ZKプルーフのデータ供給の重要性は、技術の性質に関連しています。つまり、データ自体を明らかにせずにトランザクションまたはネットワーク状態の証明を提供します。

「それが妥当性の証明と呼ばれる理由です。データがどのようなものかについては何も示しません。」

データ供給を処理するプロトコルを提供することは、例えばEthereumに対してZKロールアップや楽観的ロールアップを提出するために必要な現在のコストにも対応します。

アージュン氏によると、ロールアップは、トランザクションデータとプルーフデータの提出に対する2つの主要なコストに直面しており、現在のコストの最大70%がEthereum上でのトランザクションデータのストレージに費やされています。ベースレイヤーデータ供給プロトコルを使用することで、トランザクションデータの提出コストとプルーフ検証コストを大幅に削減できます。

アージュン氏は、ZKが数学的に検証可能な証明または「絶対実行プルーフ保証」をチェーン上で提供するため、プルーフとデータは密接に関連していると述べました。ただし、データを検証する必要はありません。

雑誌:EthereumのZKロールアップが相互運用可能になる方法