「ハビエル・ミレイとは、アルゼンチンにおける市場に優しい大統領ですか?」

「ハビエル・ミレイは、アルゼンチンの市場に対して親切な大統領なのでしょうか?」

12月10日、アルゼンチンは新しい大統領を迎え、中央銀行の解体を含む国内の深刻な経済改革を約束しました。政府の規模と支出を削減するための他の数々の措置も含まれます。

大統領ハビエル・ヘラルド・ミレイは、「エル・ロコ」(狂気の人)としても知られており、彼の爆発的な人格のために学校でニックネームを得ました。選挙戦では、「クレイジー」な人物像を押し出し、11月現在の年間インフレ率161%という重い負担を抱える人々に、破壊的な措置を提案しました。

彼の経済提案は、経済学者としての数十年にわたる経験に基づいています。アルゼンチンの独裁政権(1976年〜1983年)の助言から、私的年金基金や銀行での業務、そしてマクロ経済学とミクロ経済学の教授として、経済成長に関する書籍や論文をいくつか発表してきました。

ミレイは12歳の時、ペソの為替レートが暴落し、1980年代の国内初の債務危機を引き起こしたときに経済学者になることを決意しました。地元メディアの報道によると、ミレイはその状況によって人々が食料品を巡って争っているのを目撃しました。そして、需要と供給の法則について掘り下げました。この法則は、価格が上がると製品の需要は減少し、価格が下がると増加するということを示しており、インフレを理解する上で重要な概念です。

新しい大統領は自らを「ミナーキスト」と称し、最小限の国家と自由な市場を提唱するリバタリアンの形態だと説明しています。しかし、ミレイは最初のキャリア時に経済的スペクトラムの反対側にいました。最近のエコノミストとのインタビューで、ミレイは自分は大学でケインズ主義に訓練されたと述べています。これはジョン・メイナード・ケインズの政府の雇用創出と経済成長の重要性についての経済理論を指します。

数年後、2つの修士号を取得した後、ミレイは従来のケインズ主義的な景気循環に対して、新古典派の理想により一致するようになりました。現在では、政府を「犯罪組織」と見なし、アルゼンチンの中央銀行を過去数年のペソの切り下げの原因として非難しています。

「国家は税という強制的な所得源で生計を立てる犯罪組織だ。」

ハビエル・ミレイの仮想通貨に対する本当の考え方は何ですか?

ミレイは公式にはクリプトの支持者とは認められていませんが、彼の思想は伝統的なクリプトの根本原則と密接に合致しています。ミレイは、「時間の経過とともに、技術は私たちがすべてを規定する個人間の契約へと進む」自由な社会に進化すると信じています。

「個人間の契約が市場の基礎です。市場は個人間の財産権を自発的に交換する社会的協力の過程です」と彼はエコノミストに話しました。

彼のアルゼンチンの長引く経済危機を解決するための提案には、ビットコイン(BTC)などの暗号通貨の利用は明示的に含まれていません。しかし、彼は以前に通貨当局の代替手段としてビットコインを示唆したことがあります。

「中央銀行は詐欺だと理解しなければならない。ビットコインが表すものは、お金が元々私的なセクターで作られることに戻っていることだ。」

ミレイは、アルゼンチンの経済をドル化し、国の通貨制度を中央銀行の目にさらすと約束しました。ただし、この場合は、アメリカ連邦準備制度の視線の下に置かれます。

「私が見るのは、ハビエル・ミレイがビットコインの候補者として認識されていることですが、実際にはそうではありません。実際、彼は何度か専門家ではないと述べており、仮想通貨は彼の政府の焦点ではないと言っています」と、非政府組織Bitcoin Argentinaの広報担当者Hernán GonzálezはCointelegraphに語りました。

フェルナンド・ニコリッチは、アルゼンチンのビットコイン支持者であり、ビットコインパーセプションの創設者でもあります。ニコリッチによれば、マイレイはインタビューでビットコインを絶賛していますが、公式プログラムには具体的なビットコインに対する提案がありません。

雑誌: 変動する市場であなたの暗号通貨を守る方法 – ビットコインのOGと専門家の意見