「クジラが船を脱出?主要な保有者が売却し、イーサリアムの価値が危機にさらされる」

Whales escape ship? Major holders sell, Ethereum value at risk.

仮想通貨の世界で重要な役割を果たすEthereum(ETH)は、最近、いくつかの懸念すべきオンチェーンの活動により注目を浴びています。

特に、Ethereumを保有するアドレスの数が減少しており、一部の長期保有者がポジションを売却しているようであり、Ethereumの価値に潜在的な脅威をもたらす可能性があります。

クジラウォッチ:Ethereum保有量の急減

オンチェーンの分析は、仮想通貨市場のトレンドに関するリアルタイムの洞察を提供する上で重要な役割を果たしています。最近の調査結果は、Ethereumの保有パターンの低迷が、デジタル資産の価値や市場に対してより深い影響を及ぼす可能性があることを明らかにしました。

主要なオンチェーン分析プラットフォームであるGlassnodeによると、1,000 Ethereum(ETH)コイン以上を保有するアドレスの数が5年ぶりの低水準まで減少しています。

具体的には、これらのアドレスは仮想通貨界でしばしば「クジラアドレス」と呼ばれ、6,082に減少しています。このような急激な減少は、Ethereumの長期保有者の売却活動に起因するものとされています。

Ethereum(ETH)には1000イーサを超えるアドレスがいくつかあります。| 出典:Glassnode

このクジラの保有量の縮小は、Ethereumの市場への脆弱性を高める可能性があり、下降トレンドを引き起こす可能性があることに注意する価値があります。

このような売却が市場に与える影響は明らかです。Ethereumなどの仮想通貨が大量に売却されると、しばしば売り圧力が大幅に増加します。これは小規模な投資家の間でパニックを引き起こし、さらなる売却を促し、価格の下落につながることがあります。

休眠ウォレットからの追加の圧力

興味深いことに、大口保有の減少に加えて、Ethereumの売り圧力にさらなる要素が加わっています。有名なオンチェーンデータ分析企業であるLookonchainのデータによると、4年間触れられていなかった休眠中のEthereumウォレットが突如行動を開始しました。

対象のウォレットは、保有していた全てのETHを売却し、約4.81百万ドル相当のオルトコインを市場に供給しました。

4年間休眠していたウォレットが、6時間前に2,591 ETHを418万ドル相当のステーブルコインに売却しました。

— Lookonchain (@lookonchain) September 20, 2023

このような休眠中のウォレットからの予期せぬ売却は、市場で警戒心を引き起こす可能性があります。このような売却の正確な理由はしばしば秘匿されますが、それらは必ずしも影響を受ける仮想通貨の売り圧力を増幅させます。今回の場合、それはEthereumです。

一方、Ethereumの価格は過去1週間でわずかに上昇傾向を示しており、1.4%上昇しました。先週水曜日に1,596ドルの安値をつけたアセットは、月曜日には1,650ドルを超えて取引されましたが、執筆時点では1,626ドルに戻り、過去24時間で1.8%下落しています。

Ethereum(ETH)の価格は4時間足のチャート上で横ばいです。出典:TradingViewのETH/USDT

出典:Unplash(注目された画像)、TradingView(チャート)