「クジラ、新しいウォレットが蓄積、Maker(MKR)は3ヶ月で120%急騰」

Whales accumulate new wallets, Maker (MKR) surges 120% in 3 months.

オンチェーンのデータによると、鯨と新しいウォレットがMaker(MKR)をさらに買い集めており、需要を刺激しトークンを支えているようです。2023年6月の安値から3ヶ月で約120%上昇し、9月時点でMKRはトップパフォーマンストークンの一つです。

現在、MKRは1,300ドル以上で取引され、2023年7月の高値に迫っています。特筆すべきは、過去1週間の取引でMKRが14%上昇し、時価総額が12.7億ドルを超え、取引高も前日比で36%増加していることです。

Fresh wallet buying more MKR: NerdBot

鯨と新しいウォレットがMaker(MKR)を買い集めています

トラッカーによれば、過去1週間の取引で鯨の「0xad0」が1,261 MKRを購入し、その価格は1,290ドルの平均価格で、総額1,620,000ドルになりました。さらに、トレンドを見ると、鯨と新しいウォレットの活動が前週に比べて活発化していることがわかります。これにより、トークンの蓄積が増え、価格が上昇しています。

Maker price on September 20: Source: MKRUSDT on Binance, TradingView

Lookonchainの並行データもこの動向を確認しており、特に9月初旬以降はこれが顕著です。今月初め、鯨がイーサリアムを1,130,000ドル売却し、同額のMKRをバイナンスで購入しました。

この取引は、別のエンティティがバイナンスから1,230,000ドル分のMKRを移動した前日に行われました。しかし、鯨たちはより多くのMKRを積み上げているように見える一方で、イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterinは9月2日にMKRの保有分をETHと交換して売却しました。

Maker FinanceはEthereum上の分散型の貸借プラットフォームです。2023年9月20日時点で、DeFiLlamaによれば、このプロトコルの総ロックバリュー(TVL)は48億ドルを超えています。さらに、プラットフォームはMKR(ネイティブトークン)を109.56百万ドル、異なるステーブルコインを49.58百万ドル保有しています。

Maker Finance TVL: DeFiLlama

DAIの利回り上昇、新しいバーニング構造の導入でブル市場を牽引

MakerDAOは分散型自律組織(DAO)であり、ホルダーに利回りを提供するアルゴリズムステーブルコインのDAIを管理しています。MakerのネイティブトークンであるMKRのホルダーは、提案に投票することもできます。

2023年3月の一時的なUSDCのペッギング解除を受けて、DAOは中央集権的なフィアット裏付けステーブルコインであるUSDCへの依存を減らしました。また、8月初旬には、コミュニティがDAI Savings Rate(DSR)を一時的に3.19%から8%に引き上げることを投票し、Spark Protocolを介してDAIを発行するユーザーにインセンティブを与えました。

DSRの変更に加えて、MakerDAOは改良されたスマートバーンメカニズムも導入しました。このメカニズムでは、流通中のDAIをバックする担保付け債務ポジション(CDP)を自由に閉じることができ、市場でステーブルコイン不足を引き起こすことなく行えます。この新しい仕組みでは、流通中のMKRがCDPのクローズとは無関係に買い取られ、燃やされるため、プロトコルは市場の変動に柔軟に対応できるようになりました。

ただし、これにより燃やされることで流通供給量が減少し、価格を支えてきたことが価格の動きから明らかになっています。