「Web3は2023年第3四半期において、ハッキングと詐欺により890万ドル以上を失った:ボーシン」

Web3 lost over $8.9 million due to hacking and fraud in the third quarter of 2023 Boshin

出典:アドビ / ローマン・サモキン

ブロックチェーンセキュリティ監査会社であるBeosinの子会社であるBeosin EagleEyeプラットフォームは、研究レポートで、Web3が2023年第3四半期において、様々なセキュリティ侵害、フィッシング詐欺、ラグプールにより、約8億9000万ドルの損失を被ったことを明らかにしました。

損失を詳細に分析すると、43件の別々のハッカー攻撃により約5億4000万ドルの累積損失が発生し、フィッシング詐欺による損失は約6615万ドルでした。

さらに、プロジェクト内での81件のラグプールにより、約2億8000万ドルの損失が生じました。

出典:beosin.com

DeFiが全体の67.4%を占める

Decentralized Finance(DeFi)は、29件の攻撃が報告され、全体の67.4%を占めることで、最も頻繁に標的とされる部門でした。

さまざまなプロジェクトタイプの中で、パブリックチェーンが最も大きな損失を被り、そのうちイーサリアムだけで2億2700万ドルを占めました。

イーサリアムはまた、この四半期に16件のセキュリティインシデントを記録しました。

攻撃方法を調査すると、プライベートキーの漏洩が最も高額な損失をもたらし、2億2300万ドルの損失が発生しました。

特筆すべきは、盗まれた資金のかなりの部分、約3億6000万ドルがハッカーの支配下にあり、その合計の67%を占めているということです。

盗まれた資金の10%が2023年第3四半期に回収されました

盗まれた資産を回収するための取り組みは限定的な成功に終わり、回収された盗まれた資金は四半期にわずか10%にとどまりました。

監査の結果からは、監査済みプロジェクトと非監査プロジェクトの両方がほぼ同等にセキュリティインシデントに苦しんでいることがわかりました。監査済みプロジェクトは全体の48.8%を占め、非監査プロジェクトは46.5%を占めています。

ブロックチェーン技術はさまざまな産業を革新し続けていますが、サイバー攻撃や詐欺の持続的な脅威は依然として重要な問題です。