「Web3冒険ゲームビッグタイムが『プレイヤー所有の経済』を開始する準備を整えている」

Web3冒険ゲームビッグタイムがプレイヤー所有の経済を開始する準備を整えている

Web3ロールプレイングアドベンチャーゲームBig Timeは、1年間のテストフェーズを経て、10月上旬に正式に開始される予定です。

Big Timeは、他の暗号通貨中心のゲームにおける不適切な有料勝利メカニズムのようなものを持たない、無料でプレイできる体験を大規模なコミュニティに提供することを目指しています。

Big Timeのクリエイターは、Ethereumベースの仮想世界Decentralandの元CEOや、いくつかの元AAAゲーム開発者を含んでおり、古代文明や未来の世界を探索しながら、ゲーマーがデジタルウェアラブルやコレクタブルの非代替トークン(NFT)を作成、取引、略奪できる「プレイヤー所有の経済」を提供しています。これらはBig TimeのネイティブトークンであるBig Time暗号通貨によって駆動されます。

Decentralandや競争的なデジタルペットプレイヤーAxie Infinityなど、かつてハイプされた仮想通貨ベースのゲームは、時間の経過とともに問題に直面してきました。Decentralandのメタバースワールドは参加者の不足として一般的に批判されており、Axieはプレイして稼ぐモデルの悪影響にさらされています。

Decentralandの元CEOであり、Big Timeの創設者でもあるAri Meilich氏は、新しいゲームの背後に強力なコミュニティがあり、Big Time Studiosのクリエイティブチームは数千万人のユーザーを集め、数億ドルの収益を上げたゲームに共同で関与していると語りました。

「Big TimeコミュニティはすでにDiscordで35万人以上、X(以前のTwitter)で25万人以上に成長しています」とMeilich氏はCoinDeskのインタビューで述べています。「また、100万人以上の登録リストがあり、直接売上は800万ドル以上、ユーザー間での取引分を加えるといくらかになります。」

Big Timeの重要な差別化要素は、Twitchで最もストリーミングされているPC向けのWeb3ゲームであり、2500以上のストリーマーがプレアルファ版をプレイしており、日本などの重要な市場に大きな影響力を持っていることです。

Big Timeは堅固なコミュニティを構築するだけでなく、Axieが遭遇したプレイして稼ぐ罠を回避するために、経済的なインセンティブを慎重に作成しました。これにより、フィリピンなどの低賃金労働者の軍団に大きく依存する「デジタル封建制度」としてのゲームとしての評判を得ました。

Big Timeのネイティブトークンである$BIGTIMEは、単にプレイ時間に基づいて生成されるのではなく、スキルとリソースの戦略的な使用に依存しており、実力主義的なゲーム内経済を生み出しています。これについては、Big Time StudiosのCMOであるMichael Migliero氏が電子メールで次のように説明しています。

「最初のWeb3ゲームのイテレーションは持続可能なモデルではありませんでした。彼らはコアゲームへのアクセスに価格が大幅に変動するアセットを必要としました。彼らの経済は過剰なトークン供給を生み出し、トークンには十分なユーティリティがありませんでした。これにより、ユーザーベースは楽しむことよりも利益を追求する傾向がありました。また、彼らは単純で浅いゲーム体験を提供しました。」

Big Timeの完全なゲーム内経済である「Preseason」は、Migliero氏によれば、10月上旬に開始されます。

編集:Parikshit Mishra氏。