「Web3セキュリティスタートアップのCube3.aiが$8.2Mのシードファンディングでステルスから登場」

Web3セキュリティスタートアップのCube3.aiが$8.2Mのシードファンディングで登場

Cube3.aiは、悪意のあるトランザクションをブロックすることでスマートコントラクトを保護する、暗号通貨に特化したセキュリティスタートアップで、800万ドルのシード資金を調達し、ステルスモードから姿を現しました。

このシードラウンドは、Blockchange Venturesをリードとし、Dispersion Capital、Symbolic Capital、Hypersphere Ventures、ICLUB、TA Venturesも参加しています。

公開ブロックチェーンベースのシステムや分散型金融(DeFi)への定期的な攻撃により、このセクターはハッカーやサイバー犯罪者の遊び場としての評判を得ており、悪意のある行為に対する金銭的なインセンティブは、現在のいわゆるWeb2の世界よりも一般的にはるかに高いです。

革新の波が起こると、通常は犯罪の波も起こるということがあります。このことが、Web2のセキュリティプラットフォームの経験豊富なビルダーであるCube3.aiの創設者兼CEOであるEinaras Gravrockを動機づけたのです。彼は、手動のコード監査や攻撃後のアラートなどの基本的な機能を超えて、暗号トランザクションをリアルタイムでチェックするシステムを作成しました。

Cube3.aiは、機械学習とパターンマッチングを使用して、新たに展開されたスマートコントラクトにリスクスコアを付けます。犯罪者は継続的に新しいウォレットから新しい契約を展開し、その後数分後に対象契約に対して悪意のあるトランザクションを提案することがあります。これにより、新しい契約の悪意を評価するための短い時間枠しか残されていないとGravrock氏は述べています。

「私たちのクライアントの代わりに、分散型アプリケーションとスマートコントラクトを装備して、脆弱性を特定し、その後の脆弱性を提案された段階で拒否することができます」とGravrock氏はCoinDeskとのインタビューで述べています。「つまり、契約とアプリケーションは正当なトランザクションを処理し続けることができるので、まるで守護天使があなたの契約を見守っているようなものです。」

シェルドン・リバックによる編集。