「監視団体、サークルトロンのマネーロンダリングの主張を二倍に強化する」という文になります

「監視団体がサークルトロンのマネーロンダリング主張を2倍に強化」

非営利団体Campaign for Accountability(CfA)は、12月14日に新しい公開書簡を発表し、USDC発行者がテロ組織の資金供与を容易にしていると主張したマネーロンダリングの主張を強化しました。

CfAは、11月9日に米国上院議員エリザベス・ウォーレンとシェラッド・ブラウン宛ての手紙で最初にこれらの主張を行いました。Circleは11月11日に主張に対して反論し、主張が未確認で検証されていないソーシャルメディアの投稿に基づいていると主張しました。

新しい手紙は、二人の米国上院議員にも送られ、CfAのエグゼクティブディレクターであるミシェル・カッパースミスによって署名されました。新しい手紙では、カッパースミス氏がCircleのクロスチェーン転送プロトコル(CCTP)を批判しました。CCTPは、Tronを含む複数のネットワーク間でUSDCを転送できるブロックチェーンプロトコルです。

手紙は「Circleの最近のクロスチェーン転送プロトコルの利用は、デジタル資産の領域で違法な金融の最も急速に成長している手段に利用されている可能性がある」と述べています。手紙は、Tronへの転送の容易さが問題であると主張し、「Tronは数十億ドルの取引を巡る多数の刑事行動や制裁対象の団体によるトランザクションで名前が挙げられています」と主張しました。Tronの創設者であるJustin Sunは、2019年にマネーロンダリングの告発を否定しています。

関連: CircleがEthereumとAvalanche向けのクロスチェーンUSDC転送プロトコルを開始

カッパースミス氏はまた、CircleがJustin Sunを「バンキング」していることを主張しました。「Mr. Disparteは、ジャスティン・サン氏との関係の具体的な点に触れずに、Circleはもはやジャスティン・サン氏を「バンキング」していないと書いていました」と手紙は述べています。

カッパースミス氏によれば、これは「Circleがジャスティン・サン氏と直接の顧客関係を維持していたことを、以前は知りませんでした」ということを示しています。Circleは11月11日のCfAへの反論で、Disparte氏が「Circleは2023年2月にジャスティン・サン氏とその関連会社が保持していたすべての口座を終了しました」と述べています。

CfAは、最近Tronに対する新たな証拠が浮上したと主張しました。手紙は、Reutersを引用し、「トロンは、イスラエル、アメリカ、他の国がテロ組織と指定したグループと関連する暗号送金用プラットフォームとしてライバルを追い越した」と述べています。この主張の根拠として、手紙は「7人の金融犯罪専門家とブロックチェーン調査スペシャリストとのインタビュー」を引用しました。

11月11日の手紙以外では、Cointelegraphからの問い合わせに対して、Circleはさらなるコメントを控えました。

イスラエル・ハマス戦争が10月7日に勃発して以来、暗号通貨によるテロ資金供与についての主張が浮上しました。10月には、ブロックチェーン分析プラットフォームのEllipticが、TronのSunSwapプロトコルがテロリストグループのマネーロンダリングの最も人気のある手段の1つになっていると主張しました。しかし、複数のメディアがその報告書を引用し始めた後、Ellipticはこれらの取引の価値を誇張していると主張しました。