「サム・バンクマン・フリードは詐欺プロジェクトの背後にいたのか?」

Was Sam Bankman-Fried behind the fraudulent project?

「The Market Report」の最新エピソードでは、アナリスト兼ライターのマルセル・ペフマンが、BALDトークンのラグプルおよび犯人とされるFTX創設者であるサム「SBF」バンクマン・フリード氏についての告発について議論しています。このトークンは現在開発中のCoinbaseのBaseネットワークでローンチされ、7月30日から31日にかけて驚異的な利益を上げました。

ペフマンは、分散型取引所(DEX)上でBALDの価格を支えるために偽のボリュームや同一のエンティティや小規模なグループによる取引がどれだけ行われたかは分からないと指摘しています。さらに、BALDの開発者がDEXプールに入金されていた流動性を削除した直後に価格が85%急落したことは、この仮説のさらなる証拠です。

ネットの推測によると、SBFがラグプルの黒幕であるとする証拠には、FTXやAlameda Researchと関連するウォレットからの資金提供、BALDの開発者が分散型金融プロジェクトSushiSwapの提案に最初に投票したこと、ツイートで使われる言語、そしてDYDX farmingの活動が含まれます。

ペフマンは、SBFがトークンを発行し、DEX上で流動性プールを提供するための技術的な知識を持っていると考えていますが、彼が自宅軟禁中にどのようなデバイスやインターネットアクセスを持っているかはわかりません。

では、次のトピックに移りましょう。ペフマンは、米ドルインデックスが1年ぶりの安値からの上昇が、ビットコイン(BTC)が29,000ドルを下回った主な原因となる理由を探っています。ペフマンにとって、これは投資家が米連邦準備制度のソフトランディングに自信を持っていることを示しており、景気後退が軽微なものになるということです。

ペフマンが考えるところによれば、米政府が2023年下半期に新たな債務を引き継ぎ発行できるかどうか、およびそれがビットコインの価格に与える影響は何かについて知りたいですか?それらの答えは、新しいCointelegraph Markets&ResearchのYouTubeチャンネルで独占的に放送される最新エピソードの中でお聞きいただけます。