4月に法的費用として110万ドルを支払うボイジャー

法律事務所Kirkland & Ellisは、4月に仮想通貨レンダラーの破産事件に関する業務に対して、Voyager Digitalに対して110万ドルの法律費用を請求しました。

同事務所の最高給与のパートナーの中には、1時間あたり2000ドル以上の報酬を請求している者もおり、その一部は月額数十万ドルの費用を請求しました。

Kirkland & Ellisの訴訟パートナーであるGeorge W. Hicks Jr., P.C.は、87.8時間の作業に対して153,211ドルの費用を請求し、アソシエイトのNicholas Adzimaは118時間の作業に対して147,906ドルの報酬を得ました。

Kirkland & Ellisは世界最大の法律事務所の一つであり、60億ドル以上の収益を上げています。同事務所は2022年の熊市でChapter 11に陥ったいくつかの仮想通貨企業、CelsiusとBlockFiを含めて再構築の代理を務めています。

2022年の熊市によって引き起こされた一連の破産は、法律事務所にとっては好況です。Kocooの以前の報道によれば、FTXの破産手数料は既に2億ドルを超え、Celsiusの手数料も既に5000万ドルを超えています。

一部の批評家は、長期にわたる手続きと高額な法律費用により、債権者が金銭的に損失を被ると指摘しています。

Voyagerの破産請求は現在、破産請求取引所であるX-Claimで1ドルあたり40セントで取引されています。一方、FTXは28.25セント、Celsiusは28.5セントで取引されています。

Parikshit Mishraによる編集。