ビタリック・ブテリン氏の柴犬寄付が、新たなインドの新型コロナウイルス救済基金の資金調達を支える

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリンは、新しい$100ミリオンの寄付の一環として、インドに焦点を当てたコロナウイルス予防イニシアチブ「CryptoRelief」にさらに$10ミリオンを追加すると、木曜日のツイートで述べた。

Polygonの共同創設者であるSandeep Nailwal氏が率いるCryptoReliefは、寄付に$90ミリオンのUSDC(USDC)を追加する。これらの資金のすべては、2021年初頭にブテリンから送られたshiba inu(SHIB)トークンの販売から生み出された。

ブテリンは、寄付がコロナウイルスの感染拡大を防ぐための室内空気の質の改善や、長期的な影響を抑制するための研究に焦点を当てると述べた。

Shiba Inuの創造者は、2020年の発行後、トークン供給量の50%をブテリンに送信し、プロジェクトに対する関心を高めた。ブテリンは、2021年に60億ドル以上相当のトークンを永久に破棄し、当時保持していた金額の90%にあたるトークンを寄付し、残りのトークンは当時12億ドルに評価された。

公式情報源からのデータによると、インドではコロナウイルスのワクチン接種と検査が継続的に行われている。

編集:パリクシット・ミシュラ