「Vitalik Buterin氏がEthereum ステーキングに関する特定の変更点について議論、次に何が来るのか?」

Vitalik Buterin氏がEthereum ステーキングについての変更点について議論

イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterinは最近のブログ投稿で、イーサリアムブロックチェーンコードにいくつかのプロトコルを追加することについての意見を共有しました。また、最も重要な部分である流動ステーキングサービスプロバイダーの集中にも触れました。

Vitalik Buterinは、アカウント抽象化プロトコルERC-4337、ZK-EVM、プライベートメンプール、コードプリコンパイル、流動ステーキングなど、いくつかのイーサリアムのプロトコルについて議論しました。彼はERC-4337などのいくつかのプロトコルをイーサリアムのコードに「確立」することをより強く支持している一方、プライベートメンプールなど他のプロトコルについては懸念を抱いています。ただし、彼は各プロトコルが複雑なトレードオフを提示し、時間の経過とともに進化し続けると認識しています。

Buterinはまた、イーサリアムの流動ステーキングプロバイダーの集中についても懸念を表明しました。特に、Lidoは現在、異なるバリデータを通じてステーキングされたEtherの32%以上を制御しています。Buterinは、主要なプロバイダーであるLidoとRocket Poolの両方が異なるリスクを抱え、いくつかの安全対策を講じていることを強調しましたが、これらは十分ではないかもしれないと指摘しました。

Buterinは、ステーキングプロバイダーのより多様なセットを促進するために「道徳的な圧力」だけに依存するのではなく、流動ステーキングのさらなる分散化を目指した潜在的なプロトコルの変更を考えました。これらの変更には、RocketPoolのアプローチの調整や、ランダムに選ばれた小規模ステーカーの委員会に追加のガバナンス権限を与えることが含まれる可能性があります。

イーサリアム先物が開始される前のETH価格上昇

過去24時間で、イーサリアム(ETH)の価格は3.5%以上上昇し、1,750ドルの水準にまで上昇しました。価格の上昇は、イーサリアム先物ETFの開始前に行われたものであり、1,750ドルはイーサリアムの重要な抵抗水準として機能しています。

イーサリアムは1,800ドルで主要な抵抗を受けており、成功した突破により、1,850ドル、1,920ドルに向けてさらなる上昇が可能になります。一方、イーサリアムが1,750ドルの抵抗を超えることができない場合、修正動作が開始される可能性があります。

初期のサポートは1,710ドルの水準にあり、より重要なサポートは1,680ドルにあります。さらに、最近の上昇からの76.4%のフィボナッチリトレースメントレベルは、1,685ドル近くに位置し、サポートを提供しています。1,685ドルを下回ると、1,650ドルのサポートをテストする可能性があり、1,600ドルの水準に向けたベアトレンドを引き起こす可能性があります。

スケジュールと計画に従い、Bitwiseのイーサリアム先物ETFは今日、10月2日に開始される予定です。9つの異なる発行者から15のEther先物ETFが承認を待っています。これらの発行者には、VanEck、ProShares、Grayscale、Volatility Shares、Bitwise、Direxion、Roundhillなどのよく知られた名前が含まれています。

状況を評価しているアナリストは、10月にEther先物ETFが開始される確率を90%と評価しています。これらのオファリングの中で、ビットコインの取引価格が約28,308ドルであるValkyrieのBitcoin先物製品が、10月3日からEtherへの露出を含む最初の製品として期待されています。