ベンチャーキャピタルのICO作戦によって、ビットコインのエコシステムは資金不足に陥った- アダム・バック

イニシャルコインオファリング(ICO)は、過去5年間のベンチャーキャピタリスト(VC)による非ビットコイン投資の大幅な傾斜を反映した市場調査により、ビットコインエコシステムの発展を阻害した可能性があります。

BlockstreamのCEOであるAdam Backは、スイスのルガノで行われたルガノプランBサマースクールでのKocooのJoseph Hallとの対話の中で、ビットコイン(BTC)へのベンチャー投資の不足と、総合的な仮想通貨市場の時価総額でのビットコインの優位性との対比を強調しました。

Backは、Ethereumのローンチとスマートコントラクト機能の開始後の年におけるICOブームへのVCの流入を詳細に説明したTrammell Venture Partnersが発表した市場調査を指摘しました。

Backは、ICOへのベンチャーキャピタルの支出は「初期の流動性」への魅力の増大に続いて近年減少していると述べ、「割引トークンを購入し、投資した企業がマーケティングを行い、製品が存在しない状態で割引トークンを小売投資家に売る」と語りました。

Backは、ICOが投資家に多額の利益をもたらした一方で、現実的に使用できる製品や価値が市場に到達するとは限らないと述べ、「インセンティブがズレている」と述べました。

関連記事:Bitcoinとは何か、そしてそれはどのように動作するのか?

Trammell Venturesのレポートによると、過去数年間のベンチャーキャピタル投資の97%が「仮想通貨」に流入し、ビットコインではなかったことを反映しています。Backは、ICO、オルトコイン、割引トークンなど、さまざまなプロジェクトが投資家を引き付けていると述べました。

Backは、このカテゴリーの投資家によるビットコインのスペースへの資金提供が不足している一方で、エコシステム内のビルダーは「仮想通貨」のICOがベンチャーキャピタルの大部分を集めるのと比較して「より多くのイノベーションと製品価値を生み出す」と述べました。

FTXの失敗やTerra/LUNAなどの分散型金融プロジェクトの崩壊も、VCの資金提供行動の変化に影響を与えた可能性があります。Backは、非ビットコインの暗号通貨製品への投資は増加しておらず、一方でビットコインのスタートアップには再び興味が出ていると述べました。

一方、Twitterの共同創設者でありビットコイン支持者のJack Dorseyは、ビットコイン開発者支援非営利団体Brinkに500万ドルを寄付しました。

BackのBlockstreamとLightning Labsは、ビットコインプロトコルの進化に重要なリソースを提供しており、それぞれ8人の開発者を雇用しています。

このインタビューは、Bitcoin Schoolに参加する体験についてのKocooのドキュメンタリーの一部です。視聴するにはこちら(https://www.youtube.com/@Kocoo)で購読してください。

記事:MiamiでのBitcoin 2023は「Bitcoin上のシットコイン」について取り組む