年の前半において、SolanaのLiquid Stakingプロトコルにおけるロックされた価値は91%増加しました

今年、仮想通貨市場が復活すると同時に、特にSolanaエコシステムでの流動性ステーキングへの需要も復活しています。

2023年の初めから、ザ・ブロック・リサーチによると、いわゆる「イーサリアムキラー」上の流動性ステーキングプロトコルの総ロックバリュー(TVL)は91%増加しました。具体的には、Marinade Finance、Lido、Jito、JPool、Soceanなどのプロトコルが6月末時点で合計1億8700万ドルのステーキングされたSOLトークンを保有していました。一方、年初にはたった9800万ドル分しかありませんでした。

これは、現在SolanaのDeFiエコシステムにロックされている2億7000万ドルの大部分を占めているとされています(DefiLlamaによると)。ただし、DeFiの圧倒的な王者は依然としてイーサリアムであり、全業界で440億ドル中260億ドルがロックされています。

ステーキングは、Ethereum、Solana、Cardanoなどのプルーフオブステークブロックチェーンのセキュリティを提供するために、暗号通貨をロックアップすることです。ステーカーは、ロックアップに対して、新しく発行されたコインまたはネットワーク手数料として支払われる、時間とともにより多くの暗号通貨を報酬として受け取ります。

公開ブロックチェーン上で誰でも理論的にステーキングにアクセスできますが、多くの人は個人ノードを実行するという技術的なリスクや複雑さを回避するために、流動性ステーキングサービスを利用することを好む傾向にあります。イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterin自身も、技術的なリスクや複雑さのために、彼のEther(ETH)のほとんどをステーキングしないことを認めています。

流動性ステーキングはまた、ステーキングされた資産の流動性を保持しながら、ステーカーにステーキングされたトークンと1:1で引き換え可能なトークンを提供します(例:LIDOの場合、SOLに対するstSOL)。これにより、ステーカーは実質的にステーキングされた資産の流動性を保持しながら、利回りを得ることができます。

Solanaとイーサリアムのステーキングの比較

アナリストは、Solanaでのステーキング活動の増加が全体的に見られると指摘しています。ザ・ブロックのKevin Pengは、「全体として、LSDは2023年において、イーサリアム上でのステーキングに関する新たなダイナミクスが主な要因で成長しましたが、これらの製品への需要はSolanaエコシステムにも影響を及ぼしています」と書いています。

イーサリアムは2022年9月にステーキングを導入し、早くも最も人気のあるステーキングネットワークとなりました。ネットワークの供給量の20%以上がすでにステーキングされています。

Staking Rewardsのデータによると、現在のSolanaのステーキング利回りは約6.89% APYで、イーサリアムの5.09%の利回りを上回っています。