「ETFの発売まで、ValkyrieはEther先物契約の購入を取り消します」

Valkyrie will cancel the purchase of Ether futures contracts until the launch of the ETF.

資産管理会社Valkyrieは、米国証券取引委員会(SEC)がEther(ETH)先物に関連する上場投資信託(ETF)を承認するまで、事前の購入ではなく待機すると述べました。

Valkyrieは、9月29日のSECへの申請書において、「ETH先物契約をETFの主要な投資戦略とする修正の効力が発生するまで、特定の購入は行わない」と述べています。同社は、10月の最初の週にローンチを予定しているBitcoin(BTC)とEtherのエクスポージャーを提供するBitcoin and Ether Strategy ETFの下で、投資家にEtherとBitcoinへのエクスポージャーを許可する予定だとCointelegraphに語りました。

「[F]ファンドは既存のイーサリアム先物契約のポジションを解消する」とSECの申請書には記載されています。

筋が通った展開、Valkyrieは実際にはイーサリアム先物を買わずに、ライブになるまで待つ(おそらく火曜日)と発表し、買ったイーサリアム先物を売却しようとしている(多少先を行くための試み)。SECは彼らにやめるよう脅したのか。まったくだめだな。https://t.co/yDkggCw3d1 pic.twitter.com/cKaV7k7AJs

— Eric Balchunas (@EricBalchunas) September 29, 2023

CointelegraphはValkyrieに連絡しましたが、掲載時点では返答を受け取っていません。24時間以内に立場が変わった原因は明確ではありません。Valkyrieは8月にSECにNasdaq Stock MarketにEther先物ETFを上場するための申請を提出しましたが、規制当局は投資商品を許可するための提案された規則変更についての決定を下していません。

関連記事: イーサリアムに参入:VanEckが可能な月曜日のローンチに先立ち2つのETF広告を公開

VanEck、Bitwise、ProSharesなど、Ether先物に露出するいくつかのETFが10月の最初の週に取引を開始する予定です。しかし、9月28日、SECはValkyrieからのスポットBTC ETFの提案、BlackRock、Invesco、Bitwiseからの提案についての決定を延期しました。

これらの遅延は、SECの予定されたETFの締め切りの数週間前に発生し、多くの人々が米国政府の潜在的なシャットダウンへの対応として規制当局が行動していると考えています。米国議会のメンバーは、ジョー・バイデン大統領が署名するために政府を新しい予算年度まで資金提供する法案を9月30日までに提出する必要があります。

雑誌: 変動の激しい市場で暗号資産を保護する方法:ビットコインのオリジナルグループと専門家が考える