「バリデーションクラウドが機関投資家向けステーキングサービスプラットフォームを開始」

「バリデーションクラウドが機関投資家向けステーキングサービスプラットフォームをスタート!」

最近、Web 3.0 インフラストラクチャープラットフォームである Validation Cloud は、機関投資家向けのステーキングサービスプラットフォームを開始しました。このプラットフォームでは、機関が同時に複数のバリデーターを利用し、スマートコントラクトの活動を自動化することで報酬を受け取ることが可能です。このステーキングサービスはノンカストディアルで、ステークされた資産に対しては一切の管理権限を持ちません。

Validation Cloud 機関用ステーキングプラットフォームの主な特長

このプラットフォームのいくつかの重要な特長が、機関のステーキングプロバイダーに最適です。例えば、大量のバリデーターを同時に展開できるため、様々なバリデーターを使用することが可能です。バリデーターはブロックチェーンネットワークの検証とセキュリティに重要な役割を果たしているため、この機能は重要です。

また、このプラットフォームでは、スマートコントラクトを利用してステーキングと報酬の分配を自動化しています。これにより、機関のクライアントにとってステーキング業務が簡素化されます。さらに、このプラットフォームはノンカストディアルであるため、機関はステークした資産に完全な管理権限を保持し、それは分散型金融の原則です。

機関にとってのこのプラットフォームの利点

Validation Cloud のチーフストラテジーオフィサーであるアレックス・ナワカによれば、このプラットフォームは機関の特定のステークホルダーのニーズを満たすために設計されています。主な利点には、オンデマンドで資産をステークし、報酬を公開的に分散する能力があります。これらのプロセスを自動化することで、プラットフォームは手作業のタスクと管理コストを最小限に抑えます。また、このプラットフォームはデータセキュリティの厳格な基準である SOC2 に準拠して設計されています。このコンプライアンスにより、機関はプラットフォームのセキュリティ対策に対する信頼を得ることができます。ナワカは次のように述べています:

「Validation Cloud は、機関のステーキングパートナーの未満たされたニーズに対応するために、クライアントの資産をオンデマンドでステークし、報酬をチェーン上で透明に分ける能力を開発しました。」

ナワカは、機関のステーキングが市場に与える影響は大きいと指摘しています。様々なブロックチェーンネットワークへのステーク資産の量は、機関が相当な量の暗号資産をステークし始めることで増加する可能性があります。この変化はまた、ステーキングプロバイダーにも要求水準を引き上げます。機関のクライアントに効果的にサービスを提供するためには、ステーキングプラットフォームは高度なパフォーマンス、拡張性、準拠能力を備えていなければなりません。

「機関がステーキング業界に参入することの市場への影響は計り知れない──ステークされる資産の量の指数関数的な増加と、サービスプロバイダーの要件における完全な変革、特にパフォーマンス、スケーラビリティ、コンプライアンス」と彼は述べています。

2017年の創業以来、Validation Cloud は迅速で拡張性があり使いやすいプラットフォームを提供することで、組織を Web 3.0 に接続するためのさまざまな活動を行ってきました。機関のステーキングプロバイダーのニーズに対応するために開発された最近のソリューションも、その大目標と一致しています。このプラットフォームにより、機関は市場全体を混乱させることなく効率的に大規模なステーキングが可能となり、低品質のサービスに苦しむ必要もありません。このソリューションはまた、市場にとっても重要です。市場は成長しており、今後ますます多くの機関がステーキングに関与することが予測されているからです。