「ブラジルでのUSDTステーブルコインの採用が急増し、暗号通貨取引の80%を占める」

「ブラジルでのUSDTステーブルコインの採用が急増し、暗号通貨取引の80%を占める」というニュースが、ブラジル国内で急速に広がっているこれは、USDTが安定した価格を保持し、取引の安定性を保証することができることを表しており、投資家やユーザーがますますUSDTステーブルコインを選択する理由となっている暗号通貨市場においても、このような安定性が求められる中、ブラジルでのUSDTの採用はさらに拡大することが予想される

Source: f11photo/Adobe

2023年におけるブラジルでの人気ステーブルコイン、テザー(USDT)の採用は驚異的な急増を見せ、国内のすべての仮想通貨取引の80%を占めています。

コインテレグラフが最初に報告したブラジルの税務当局によるデータによれば、10月中旬時点でのブラジルのUSDT取引総額は約2710億レアル(およそ550億米ドル)に達しました。

この金額は、国内のビットコイン(BTC)取引のほぼ倍である、およそ1510億レアル(約300億米ドル)です。

USDTが2022年にビットコインを初めて超えた

2021年以来、USDTはブラジルでの人気が着実に増加しています。

特筆すべきは、2022年7月にビットコイン取引のボリュームを初めて上回ったことで、ブラジルの仮想通貨の情勢に重要な変化をもたらしました。

しかし、2022年の仮想通貨の下降傾向のため、ブラジルでは仮想通貨取引が約25%減少し、年末までに報告された取引金額は1544億レアル(約310億米ドル)にとどまったと、コインテレグラフが政府のデータを引用して報じています。

海外での保持コインには課税

ブラジルの税務当局は、国内の仮想通貨取引だけでなく、ブラジル市民が海外で保有する仮想通貨の投資も監視するようになりました。これは国会が仮想通貨を「金融資産」として認識し、税の対象として立法を通過させたためです。

2024年1月からは、6000レアルから5万レアルの海外投資収益(おおよそ1万米ドルから10万米ドル)は15%の税率が課せられます。

この閾値を超える金額については、22.5%の税率が課せられます。

ブラジルでは、月間の仮想通貨販売利益が3万5000レアル(約7000米ドル)を超える場合、15%から22.5%の税率が課されます。