米最高裁判所が初の暗号通貨判決でCoinbaseの訴訟を停止

6月23日、米国最高裁判所は、2つのカリフォルニアの訴訟において、仮想通貨取引所のCoinbaseに有利な判決を下しました。この党派的な意見は、同社に対する裁判手続きを停止するものです。

集団訴訟を起こした原告たちは、ユーザーがお金を失った後にCoinbaseが適切な救済を提供しなかったと主張し、Coinbaseが欺瞞的な広告を行ったと主張しました。

Coinbaseは、ユーザーが口座を作成する際に、このような紛争は訴訟ではなく仲裁によって処理されることを定めた契約に署名したと主張し、両事件を取り扱う地方裁判所に却下を申し立てました。

Courthouse Newsが共有した裁判所の文書によると:

「ここでの唯一の問題は、中間的控訴が進行中である間に地方裁判所が事前審理および審理手続きを停止する必要があるかどうかです。答えは「はい」です:地方裁判所は、手続きを停止する必要があります。」

この判決は、米国最高裁判所の初めての仮想通貨関連判決となります。ブレット・カバノー判事が執筆し、保守派の4人の判事が支持し、5対4の投票で可決されました。

カリフォルニア地方裁判所は、両事件を通常は裁判所で争うか和解することよりもコストが少ない仲裁に移管します。

これはCoinbaseにとって勝利ではありますが、暗号通貨業界全体に波及する可能性があります。

裁判所は、意見書の中で、「Coinbaseのアカウントを作成する際に、個人はCoinbaseのユーザー契約書の条項に同意します。ここで関連するのは、ユーザー契約書に含まれる仲裁条項であり、契約に基づく紛争は仲裁によって解決されるよう指示されています。」と述べています。

カリフォルニア地方裁判所が前述の事件においてCoinbaseの仲裁申し立てを拒否した後、同社は中間控訴が処理される間の停止を要求する控訴を提出しましたが、裁判所は同社の控訴にもかかわらず民事事件を続ける傾向がありました。

米国最高裁判所の6月23日の判決は、クラスアクション訴訟が継続する前にCoinbaseの控訴を認め、同社に対して、米国連邦仲裁法に基づく通常の法的扱いを与えます。

他の暗号通貨企業に対する同様の事件がどのように影響を受けるかは不明ですが、この事件が証券取引委員会によるCoinbaseへの訴訟に影響を与える可能性はありません。

関連記事: SECが米国証券法に違反したとしてCoinbaseを提訴

しかしながら、最高裁の判決は、既存の法律が暗号通貨業界に関連する事件にも適用可能であるという考え方を支持するものとなります。