米上院議員、Binanceが立法者に虚偽の供述をした可能性があるとして、司法省に調査を求める:Bloomberg

仮想通貨取引所のバイナンスが、そのビジネスプラクティスについて議員に嘘をついた可能性があり、米司法省による調査が必要であると、ブルームバーグが2人の民主党上院議員の手紙を引用して報じました。

エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州民主党)とクリス・バン・ホーレン上院議員(メリーランド州民主党)は、司法長官のメリック・ガーランド氏に宛てた手紙で、バイナンスが主張したBinance.USが別の実体であるかどうかを含む、虚偽の陳述を行った可能性があると主張しています。

月曜日、米証券取引委員会は、バイナンスとそのCEOであるチャンペン・”CZ”・ジャオ氏に対し、未登録証券の販売、顧客資金の混合、およびCZ氏がBinance.USを「秘密裏に」支配していることを主張する訴訟を起こしました。

「これは重大な問題です」と、上院議員らは水曜日の手紙で書いています。

3月には、ウォーレン上院議員とホーレン上院議員は、Binanceを「違法な金融活動の温床」と呼び、Binance.USとCZ氏に宛てた手紙で、その法人の財務内容や反マネーロンダリング策に関する情報を要求しました。

3月の手紙には、「実際には、Binance.USはBinanceの「事実上の子会社」として、同氏が会社を支配している」と書かれています。

バイナンスは、コメントの要請に直ちに回答していません。

続きを読む:Binance a ‘Hotbed of Illegal Financial Activity,’ U.S. Senators Claim

Parikshit Mishraによる編集。