米国上院議員、SEC訴訟に対応し仮想通貨規制の取り組みを再構築

アメリカ合衆国上院議員のシンシア・ラムが、暗号通貨の規制枠組みを構築するための取り組みは、急速な進化と増加する暗号通貨の採用により緊急性が高まっていると述べ、引き続き進めていると発言しました。

ラムは、アメリカ合衆国内でデジタルアセットの所有と取引を容易にする規制枠組みの開発に取り組むことを明らかにし、Crypto Twitterから称賛を受けました。彼女のツイートは、4月に発表される予定だった待望の法案を思い起こさせます。

ラムは、クリステン・ジリブランド上院議員と協力して、暗号通貨に関する包括的な規制を提案するための両党派のイニシアチブに参加しています。今後の立法の取り組みは、急速に進展するデジタル資産産業のための重要な枠組みを提供し、今年の議会で重要な進展が期待されています。

私たちは、@POTUSの30%のデジタル資産マイニング税を財政上限協定に含めることを防止することに成功しましたが、戦いはまだ終わっていません。アメリカで個人や企業がデジタルアセットを所有し、取引できる規制枠組みを構築するために取り組んでいます。お楽しみに…

— Senator Cynthia Lummis (@SenLummis) June 10, 2023

ラム上院議員は、ツイートで、最近の財政上限協定に30%のデジタル資産マイニング税を含めることを防止することに成功したことを強調しました。ラムは、暗号通貨産業の透明性のある規制枠組みを確立するための戦いはまだ終わっていないと強調しました。

提案された法案は、暗号通貨を明確に定義し、「有価証券」の指定を可能性として削除するなど、複数の目標を達成することを目指しています。トークンの正確な分類を確立することで、この立法は、暗号通貨産業におけるビジネスと投資家に安定的な枠組みを提供することを目的としています。この取り組みにより、規制上の不確実性を解消し、イノベーションを促進し、セクター内の責任ある成長を促進します。

関連記事: 米国は最終的に暗号通貨に適切な結論を出すでしょう – Coinbase CEO

ジリブランド上院議員は、入手するための手続きについて明確なガイドラインを提供する改訂法案の重要性を強調しています。改訂された法案は、トークン化のさまざまな側面を包括的にカバーする枠組みを確立します。

提案された立法は、アルゴリズム的ステーブルコインに普遍的な禁止を科すとされています。ただし、ステーブルコインを発行する権限を持つエンティティと米ドルの準備を維持するための要件を決定するために、さらなる検討が必要です。

雑誌: 暗号通貨の規制:SEC議長ゲンスラーが最終的な判断を下すことになるのか?