米国上院議員チャック・シューマーは、「包括的な」AI法制化を求めています

アメリカ合衆国上院院内総務のチャック・シューマー氏は、人工知能(AI)の安全対策に関する「包括的な立法」を提案する予定です。

シューマー氏は、6月21日にワシントンD.C.の戦略国際問題研究所での会合で発言する予定であり、この問題についての議会の両党の行動の緊急性を強調する予定です。

明日、私は@CSISで話し、AI革新を安全かつ責任ある方法で加速するために議会が使用できる枠組みについて説明します。私たちは、AIの時代に備えなければなりません。

— チャック・シューマー (@SenSchumer) 2023年6月20日

彼の事務所から発表されたスピーチの抜粋によると、彼は「AIの変化が訪れることを認める以外に選択肢はない」と述べ、革新を促進する戦略が必要であると計画しています。

「包括的な立法を作成するために非常に努力するつもりです。重要なことなので、私たちは成功するためにできる限りのことをします。」

シューマー氏は、AIの出現に伴い「すべての問題」に対する立法を作成することの可能性についても議論し、これを「これまでに経験したことのないもの」と呼びます。

予定されている質問には、連邦政府の介入が必要かどうか、税金や支出に関してどの程度連邦政府が介入すべきか、さらには連邦政府の介入が必要なのかどうかが含まれます。

関連記事:AIとブロックチェーンは「相互依存関係」にある:Animoca Brands CEO

また、これは、6月20日に米国大統領ジョー・バイデンがシリコンバレーの専門家たちと会合し、AIの「機会をつかみ、リスクを管理する」白書に対する米国政府の取り組みについて話し合った1日後のことです。

会合で、バイデン氏は市民の権利とプライバシーにも注目し、AIシステムのリリース前に偏見や誤情報に対処することにも焦点を当てています。

4月には、バイデン氏がOpenAI、Microsoft、GoogleのAlphabetの幹部と会談し、AIについて話し合いました。

米国の立法者たちは、全米でAIの規制を積極的に検討しています。バイデン氏がシリコンバレーの専門家たちと会合した同じ日、両党の議員グループが、技術に対する国のアプローチを研究するための委員会の設立を提案する新しい法案を提出しました。

雑誌:「道徳的責任」:ブロックチェーンは本当にAIの信頼を向上させることができるのか?