「クリプトミキサーも対象とした国防法案が米上院で承認される」

US Senate approves defense bill targeting cryptocurrency mixers

7月27日の夜、アメリカ合衆国上院は8860億ドル相当の2024年国防権限法案(NDAA)を可決しました。この法案には、暗号通貨ミキサーや匿名化コイン、暗号通貨取引に従事している機関を対象とする規定が含まれています。

NDAAは、国の国防省が連邦資金をどのように利用するかを承認する法案です。この法案の中で、シンシア・ラマス、エリザベス・ウォーレン、キルステン・ジリブランド、ロジャー・マーシャルなどの上院議員グループが関連する仮想通貨に関する修正案を提案しました。

この修正案は、2022年に提案されたデジタルアセットマネーロンダリング防止法案と、業界内でFTXのような出来事が再発しないようにするための責任ある金融イノベーション法案から採用された規定を含んでいます。

民主党は安定したコイン法案を捨て、この規定をNDAA法案にこっそりと盛り込むことを選んだようです。ジャネット・イエレンがUSDCのKYCレス送金についてどのような決定を下すか、誰か予想してみますか? pic.twitter.com/sys38GI31z

— Spreek (@spreekaway) 2023年7月27日

具体的には、この修正案により、暗号通貨の審査基準が設けられることになります。これにより、リスクを評価し、関連する制裁やマネーロンダリング法に準拠しているかどうかを確認することができます。

さらに、財務省には匿名の暗号通貨取引を取り締まるための調査を行うよう義務付けられます。これには、トルネードキャッシュのような暗号通貨ミキサーを使用して取引を匿名化することも含まれます。

関連記事: 暗号通貨ロビイストは「違法」なトルネードキャッシュの制裁を撤廃しようと闘っている

2022年に、アメリカ財務省は暗号通貨ミキサーのトルネードキャッシュに制裁を課し、居住者の暗号通貨ミキサーの利用を禁止しました。このミキサーは暗号通貨の匿名化を目的として設計されていましたが、悪意のある行為者によってハッキングや悪用から得た不正な暗号通貨を隠すためによく利用されました。財務省によれば、このミキサーはスペース内の悪意のある行為者によるマネーロンダリングを防ぐための制御を実施していなかったとされています。

一方、NDAAには、アメリカの企業が中国への投資を開示することを義務付ける修正案も含まれています。上院議員ボブ・ケーシーは、この通知は政府が彼らの「敵対者」にどれだけの「重要な技術」が移転されているかを把握するために必要だと述べています。

マガジン: トルネードキャッシュ2.0:安全で合法的なコインミキサーの開発レース