米国議員が新しい法案を提出し、SEC議長のゲイリー・ゲンスラーを罷免する動きが浮上しています

暗号通貨に対して友好的な議員のウォーレン・デビッドソンは、「SEC安定法案」と呼ばれる新しい法案を提出しました。デビッドソンによると、この法案はSECを改革し、「専制的な委員長」ゲーリー・ゲンスラーを解任することを目的としています。彼のTwitterの発表には次のように書かれています:

「今日、SEC安定法案を提出し、SECを再構築し、ゲーリー・ゲンスラーを解任することを目指します。」

別の声明で、デビッドソンは、この法案が最終的には米国の資本市場を保護することを目的としていることを明らかにしました。ただし、彼はまた、この目的は権力の乱用を修正することによってのみ達成できると述べました。

一方、この法案の作成には、もう1人の暗号通貨に対して友好的な議員であるトム・エマーが加わりました。エマーは、下院多数派のホイップであり、ゲンスラーに対して非常に批判的であることが知られています。彼は何度も言ったことがあります。ゲンスラーは、暗号市場を統治する能力がなく、彼の手法はイノベーションを抑制すると。

しかし、新しい法案については、エマーは、安定法案はSECが優先すべきことを正しく理解するのを助けるだけであると述べました。彼はさらに説明し、この機関の優先事項は投資家保護であり、委員長の自尊心を刺激することではないと述べました。

SEC委員長ゲーリー・ゲンスラー、全面的な批判の的に、職を失う可能性がある

何に値するかはわかりませんが、新しい法案でエマーとデビッドソンが表明した不平は、人気のある意見であるようです。たとえば、暗号通貨業界は同様のことを言っています。

最近、Coinbaseは、SECがデジタル資産の明確な規則作りに興味を持っていないと述べました。この取引所は、SECが取り締まり行為にしか興味がないと述べました。同様に、Binance.USは、ゲンスラー率いる機関がアメリカのデジタル資産産業に対して恐怖心を煽るために恐怖心を利用していると非難しました。

おそらく最も興味深いゲンスラー批判は、彼の機関内から来ました。SEC委員であるヘスター・ピアースは、既存の金融業界の規則を使って暗号を規制しようとする委員会の試みに反対しています。

Fox Newsによると、デビッドソンとエマーは、ゲンスラーを解任することを求めています。ただし、彼らの法案は、SECの議長と委員の権限を再分配し、機関に6人目の委員を追加し、誰もが委員会で多数派にならないようにします。最後に、この法案は、執行ディレクターのポジションを作成することも決められています。