「米国の議員たちがFTXを引用し、暗号通貨法案の方向性で論争を巻き起こす」

US lawmakers cite FTX, sparking controversy over the direction of cryptocurrency legislation.

アメリカ合衆国下院金融サービス委員会のメンバーは、暗号通貨とブロックチェーン技術の規制の明確化に関する最適な立法的方針について意見が分かれているようです。

7月26日の修正審議会では、金融イノベーションおよび21世紀の技術に関する法律、ブロックチェーンの規制の確実性に関する法律、および2023年の金融技術保護法など、暗号通貨の規制に直接関連するいくつかの法案が議題に上がりました。多くの議員は最初の法案を支持し、FTX取引所の崩壊のような別の失敗を防ぐのに役立つと主張しましたが、一部の議員はこの措置が消費者よりも暗号通貨企業を優遇していると批判しました。

委員会の議長であるパトリック・マクヘンリー氏は、金融イノベーションおよび21世紀の技術に関する法律が証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)に対する権限を明確化するのに役立つと述べました。しかし、ランキングメンバーのマキシン・ウォーターズ氏や他の議員は、この法案によって顧客資金の混合が引き起こされる可能性があると主張しました(FTXとアラメダリサーチの間で疑わしく行われたとされるもの)、既存の証券法に頼るのではなく、「完全に新しい規制構造」の開発が必要とされると述べました。

主な変更点:✅ 中間業者の事前登録監督の改訂✅ 登録要件の微調整✅ SEC&CFTCによる決済ステーブルコインの権限の明確化✅ CFTCの資金増加

— Financial Services GOP (@FinancialCmte) 2023年7月25日

この法案に関する議論は完全に党派的に分かれているわけではありませんでした。民主党のジム・ハイムズ代議士は、この法案がFTXの崩壊を防げた可能性があると認めましたが、XRPが証券としての性質を持つかどうかについてのSEC対リップル訴訟の最近の判決を含む、暗号通貨の一部の側面については知識がないとも述べました。マサチューセッツ州のスティーブン・リンチ代議士は、政府での約20年間で「提案された中で最悪の立法」であるとこの法案を評価しました。

関連記事: アメリカ合衆国下院共和党委員会メンバーが共同でデジタル資産法案を提出

下院共和党議員は、この法案がCFTCに対して1億2000万ドルの資金を提供し、暗号通貨の規制に対処するためのリソースを充実させると述べましたが、一部の民主党議員はSECから資金を再配分することに反対し、執行能力を制限する可能性があると異議を唱えました。執筆時点では、議員たちは法案と提案された修正について議論を続け、7月26日に投票が予定されています。

これらの法案は、デジタル資産に対処する上で規制のギャップとされるものを解決するために提案されたいくつかの法案のうちの一部です。SECはCoinbase、Binanceなどを訴え、FTXおよびCelsiusの幹部に対する執行手続きも行っています。

雑誌: 暗号通貨規制:SEC委員長ゲンスラー氏の最終的な決定権はあるのか?