米国議員は、仮想通貨の規制枠組みを検討する際にSECの訴訟を引き合いに出しました

アメリカ下院金融サービス委員会のメンバーは、証券取引委員会(SEC)による暗号通貨企業への最近の法的措置を引用するなど、デジタル資産エコシステムの明確化について話し合いました。

委員会の6月13日の公聴会で、ランキングメンバーのマキシン・ウォーターズ議員は、民主党が共和党が提案したデジタル資産の規制に関する枠組みについて「真剣で考え深い見方をしている」と述べました。委員長のパトリック・マクヘンリーは、議会の休会後にマークアップが続く草案について、両政党からバイパーティザンの意見を期待すると述べました。

ウォーターズ議員は、両政党の広範な分析と協力がなければ、デジタル資産の立法は潜在的な詐欺や顧客資金の誤用の余地を残す可能性があると示唆しました。カリフォルニア州代表は、FTXの崩壊、元CEOサム・バンクマン・フリード氏の犯罪告発、SECによるBinanceとCoinbaseへの最近の措置を引用しました。

「私は特に、共和党の法案が、現在証券法に違反して訴訟中の暗号通貨企業が仮登録を通じてビジネスを続けることを許すことが懸念されます」とウォーターズ議員は述べました。「この法案は、詐欺を犯した場合でも、SECによる暗号通貨企業に対するあらゆる執行措置を停止するように見えます。この仮登録は、悪い行為者に「刑務所から出る自由」のカードを与え、消費者や投資家を引き続き害することを許す可能性があります。」

#TODAY @ 10 AM – RM @RepMaxineWaters leads Democrats as the full Cmte holds a hearing entitled “The Annual Testimony of the Secretary of the @USTreasury on the State of the International Financial System.” : https://t.co/4RoxMIa04b : https://t.co/x1uLfTjtuI

— U.S. House Committee on Financial Services (@FSCDems) June 13, 2023

6月2日に提出された草案は、SECが規制された代替取引システムとして登録することを拒否することを禁止し、そのような企業が「デジタル商品と支払いステーブルコイン」を提供できるようにします。また、SECと商品先物取引委員会(CFTC)がアメリカのデジタル資産を規制する役割を再構築します。

公聴会でのPrometheumの創設者兼共同CEOアーロン・カプラン氏は、「アメリカの一般市民は、FTXやBinance、Coinbaseの違反やその疑いによって被害を受けました」と述べ、「最善の方法は、SECを通じた連邦証券法の適用です。」と述べました。

関連記事: SEC訴訟を受け、米上院議員が仮想通貨の規制を再検討

他の議員は、SECによる法執行による規制アプローチに対して異なる反応を示しています。6月12日、下院金融サービス委員会の共和党員であるオハイオ州のウォーレン・デビッドソン議員は、委員長のゲンスラー氏を解任することを提案し、委員会での権限を再編する法案を提出しました。この動きの合法性は不明です。

SECの訴訟を受けて、Binance.USは、同委員会が資金を凍結する試みに反対しました。本稿作成時点で、ワシントンDCの連邦裁判所は、SEC、Binance、Binance.USの対立する動議を検討しています。

雑誌: SEC委員長ゲンスラー氏に最終決定権がある?仮想通貨規制