アメリカの投資家がビットコインの価格急騰を牽引しており、機関投資の需要も高まっています

まとめ

  • 米国市場営業時間中、BTCは30%上昇し、取引量の50%を占めました。K33 Researchによると、ビットコインと米国株式の負の相関関係は、投資家が多様化のためにトークンを購入したことを示唆しています。
  • HashdexのCIOは、「私たちは仮想通貨の普及の世代的な瞬間にいるかもしれない」と述べました。

機関投資家の活動が加速する中、米国の投資家はビットコイン(BTC)に殺到し、市場時価総額で最大の暗号通貨の最近の上昇を牽引しました。

BTCの価格上昇と取引量は最近、米国市場営業時間中に集中し、BTCの力強さの主な要因となっています。これについては、暗号分析企業のK33 Researchが報告書で指摘しています。

Kocooのデータによると、ビットコインは今年これまでに85%上昇し、ほとんどの仮想通貨市場を上回っています。金融業界の重鎮であるブラックロック、ファイデリティ、シタデルなどがBTCに関与するようになったことで、投資家の楽観が高まっています。

規制当局の監視が強まる中、小規模な仮想通貨は登録されていない証券であるかどうかの疑問が浮上しています。取引プラットフォームは、リスクを避けるために人気のあるトークンの提供を制限しています。

詳細はこちら: 金融巨人がSpot Bitcoin ETFを発行したいと思う理由の簡単な説明

ビットコインは、底値である約16,000ドルに達した後、米国市場営業時間中に30%以上の累積上昇を記録しており、アジアおよびヨーロッパの取引セッションを大きく上回っています。6月14日に資産運用大手のブラックロックがSpot BTC ETFを申請した後、米国での活動が急増しました。

ビットコインの最新の上昇は、S&P 500やナスダック指数などの米国株式のパフォーマンスとの相関関係からの脱却とも重なっています。K33は、過去1月以来初めて30日の相関関係がマイナスに転じたと指摘しています。

K33のシニアアナリストであるVetle Lundeは、「これは米国のトレーダーが多様化のためにBTCに資産を配分していることを示しています」と述べています。

機関投資家の復活

ブラックロックの取り組みは、BTC市場の機関投資活動を再活性化させました。

洗練された投資会社の中で好まれるシカゴマーカンタイル取引所(CME)先物市場のオープン・インタレストは、K33のデータによると、ほぼ史上最高に近づいています。

デジタル資産ファンドは先週1億9900万ドルの流入を記録し、アセットマネジメント企業CoinSharesの報告によると、そのうちの94%がビットコインに焦点を当てたファンドでした。

最近の活動は、暗号通貨の機関投資への採用の転換点を示しています。暗号資産管理企業Hashdexの最高投資責任者であるSamir Kerbageもそれを指摘しています。

彼は、「個々の仮想通貨投資家にとって、私たちは世代的な瞬間にいるかもしれない」と述べました。

「私たちが目撃している現在の機関投資家の関心は、過去に見られた短期的な価格上昇を引き起こすFOMO(取り残される恐怖)からはほど遠いものです。これらの機関はゆっくりと慎重に動き、長期的な投資を行います。一度参入すると、抜け出すことはありません」とKerbageは述べています。

James Rubinによる編集。