米国のインフレ率急増:FRBは積極的な対応を続けるのか?

アメリカのインフレ率は5月に0.1%上昇しました。このインフレ率は過去12か月間で4%増加し、連邦準備制度理事会(Fed)の経済予測に合致しています。しかし、これはFedが過激な金融政策を緩和するかどうかに十分なのでしょうか?

米国労働統計局による5月の消費者物価指数概要レポートによると、米国のインフレは過去2年間で最低水準に達しました。

ただし、食品やエネルギーの価格の変動を除いた基礎的なインフレは高いままです。これは、Fedが利上げを縮小する決定を妨げる可能性があります。

米国のインフレ率急増に伴い、Fedは過激な金融政策を変更するのでしょうか?

火曜日、市場はインフレデータの発表に対してポジティブに反応しました。ただし、多くの投資家は、Fedがこの水曜日に予定されている会議で発表する利上げに関する発表を待ちたいと考えているため、反応はいくぶん不安定でした。

さらに、住宅価格、中古車価格、交通サービスなど、さまざまな指標の上昇傾向を考慮することが重要です。これらの指標は4月に比べて比較的控えめな増加を経験しましたが、Fedはこれらの持続的な成長を見過ごすべきではありません。

ただし、LPLファイナンシャルの最高エコノミストであるジェフリー・ローチ氏のような一部のアナリストは、「消費者物価の良い傾向」により、Fedが少なくとも短期間は利上げを維持することができると指摘しており、健全な傾向が続く場合、Fedは今年の残りの期間に利上げを停止する可能性があるとさえ述べています。

暴動が仮想通貨市場を支配する

報告書は、商品およびサービス価格の変化を反映する指数の異なる構成要素の分散を示しており、これらは全体的な経済状況と連邦準備制度の政策に強く影響を与えます。

現時点では、仮想通貨市場は通常このようなデータの発表に対して示す不安定性と同じ反応を示しています。BTCは、$25,900から$26,433のピークまでほぼ2%増加しました。ただし、このノートを書いている時点で、価格は2.6%下落し、かなりの回復を遂げていたほとんどのアルトコインに影響を与えました。

ETHも1.6%上昇しましたが、$1,770のピークから$1,724の安値まで2.58%下落しています。また、SECに対する勝利により10%の増加を達成したXRPさえも、BTCとともに下落しました。

したがって、仮想通貨市場で勝利を宣言するのは早すぎます。Fedが過激な政策を維持するか、市場を回復させるために最終的に譲歩するかどうかが明日になって初めて分かります。