米下院、議会職員のプライバシー保護のためChatGPTの使用を制限

人工知能(AI)技術やシステムが私たちの日常生活に浸透している中、立法者たちはいくつかの重要な措置を講じています。米国下院は最近、セキュリティ上の理由から、すべてのAI大規模言語モデル(LLMS)を禁止する新しい規則を採用しましたが、OpenAIのChatGPT Plusサービスを唯一の例外として含みます。

米国下院の主席行政官であるキャサリン・シュピンドル氏は、チャットボットの使用をセキュリティ上の理由から制限している旨を伝える通知を送信しました。メモには以下のように記載されています。

「ChatGPT人工知能チャットボットを使用している下院事務所は、製品のChatGPT Plusバージョンのみを使用することが承認されています。製品のPlusバージョンには、下院のデータを保護するために必要な重要なプライバシー機能が組み込まれています。現在、下院ではChatGPTの他のバージョンや他の大規模言語モデルのAlソフトウェアの使用は承認されていません。」

さらに、文書には、議員がソフトウェアを「研究および評価のみ」に使用することを制限する規定があります。また、ChatGPTを「通常のワークフロー」で使用することを禁止しています。

その他の制限には、個人情報や機密情報を促しとして共有することができないこと、すべてのプライバシー設定をオンにしてChatGPT Plusを使用する必要があることが含まれます。ただし、文書が言及する具体的なプライバシー機能は明確ではありません。なぜなら、OpenAIは、Plusサービスに固有のプライバシーの利点のリストを提供していないからです。

OpenAIによると、ChatGPT Plusサービスはピーク時にモデルへの一般的なアクセス、より迅速なクエリ応答、および特定の機能への優先アクセスを提供するだけであり、追加のプライバシー機能については言及していません。

立法者たちはAI産業を規制する動きを見せる

数日前、上院多数派指導者のチャック・シューマー氏は、人工知能産業を規制するための新しい法律を迅速に成立させるよう議会に求めました。彼は、国家安全保障リスクやAIによる潜在的な雇用喪失などの分野に焦点を当てた枠組みを概説しました。

上院と下院の議員たちは、既に今年、産業を規制するためのいくつかの法案を提出しています。上院議員のリチャード・ブルメンソール氏とジョシュ・ホーリー氏は、AI企業をSection 230から除外することによって法的責任を負わせる措置を提案しました。

議会は、OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏など、主要な産業関係者とも関わりを持ち、連邦機関内のAI政策の見直しや産業規則の策定を目的とした新しい委員会の設立など、他の提案された措置も検討しています。