米下院、ChatGPT Plus以外のすべてのチャットボットの使用を禁止

アメリカ合衆国下院は、オープンAIのChatGPT Plusサービスを唯一の例外として、議員による人工知能(AI)の大規模言語モデルの使用をすべて禁止する新しい規則を最近採択しました。

アメリカ合衆国下院の主要行政官キャサリン・スピンドールから送信された通知によると、セキュリティ上の理由から、チャットボットの使用が制限されています。

「ChatGPT人工知能チャットボットを使用する下院事務所は、製品のChatGPT Plusバージョンのみを使用することが承認されています。製品のPlusバージョンには、下院データを保護するために必要な重要なプライバシー機能が組み込まれています。」

文書には、「現在、下院ではChatGPTまたは他の大規模な言語モデルAlソフトウェアの他のバージョンは承認されていない」という規定が追加されました。

文書には、議員のソフトウェアの使用を「調査と評価のみ」に制限し、ChatGPTを「通常のワークフロー」に組み込むことを防止する規定も含まれています。

その他の制限には、プロンプトとして機密データを共有することができないことや、プライバシー設定がすべて有効になっている状態でChatGPT Plusを使用する必要があることが含まれます。

オープンAIは、プライバシーに関連する特典をChatGPT Plusサービスに独占的にリストしていないため、「文書が何を指しているのか正確にはわからない」と述べています。

オープンAIによると、ChatGPT Plusサービスは、ピーク時にモデルへの一般的なアクセス、より迅速なクエリ応答、新機能への優先アクセスを提供しています。追加のプライバシー機能については言及されていません。

ChatGPTユーザーは、チャット履歴をオフにすることができます。あなたがモデルをトレーニングするために使用する会話を選択できます:https://t.co/0Qi5xV7tLi

— OpenAI (@OpenAI) April 25, 2023

同社は、4月にChatGPTとChatGPT Plusの両方のユーザーがチャット履歴とアカウントを削除するオプションを追加しましたが、この方法で削除された情報はChatGPTサーバーに追加で30日間残ります。

4月のブログ投稿によると、OpenAIは、追加のデータ制御機能を備えたChatGPTビジネスサブスクリプションサービスを開始する予定です。このサービスがChatGPT Plusとどのように異なるかについてはまだ発表されていません。

新しい下院の規則は、採択されると直接下院の議員に適用されますが、Ted Lieu、Ken Buck、Anna Eshoo議員は最近、連邦人工知能委員会を設立し、アメリカのAI産業に規制監督を提供することを求める両党派の法案を提出しました。