アメリカ合衆国国土安全保障省は、2016年のBitfinexハックから31.4万ドルを返還します

仮想通貨取引所のBitfinexは、7月6日の発表によると、アメリカ合衆国国土安全保障省から現金312,219.71ドルとビットコインキャッシュ(BCH)6.917を受け取ったと述べています。押収は米国税関国境保護局との協力のもとで行われました。Bitfinexのスタッフによれば:

「これはBitfinexが2016年8月に取引所から盗まれた資産を回収するために、法執行機関および他の捜査機関と協力して行っている取り組みの一環です。アメリカ政府は引き続き、Bitfinexのセキュリティ侵害に関与した個人を起訴し、盗まれた資金を押収するための進展を遂げています。」

これらの資産は、2016年のBitfinexハックの被害者に対して割り当ての基準で返還されます。セキュリティ侵害直後、Bitfinexは1ドルの割引価格を持つ回収権利トークン(RRT)を発行しました。現在、流通しているRRTは3,000万枚あります。回収された資産によるRRTの引き換え後、残りの資金はBitfinexのネイティブトークンであるUnus Sed Leo(LEO)のトークン保有者に支払われます。

2016年、Bitfinexはセキュリティ侵害により、約70,000万ドル(現在の価値で37億ドル)相当の119,576人の顧客のビットコイン(BTC)を失いました。2022年2月8日、アメリカ司法省は、イリヤ・リヒテンシュタインと彼の妻ヘザー・モーガンの2人を逮捕し、ハックに関連する暗号通貨の洗浄共謀容疑で起訴しました。特別捜査官は、家宅捜査令により容疑者が所有するウォレットの秘密鍵が含まれているファイルを閲覧することを許可された後、モーガンとリヒテンシュタインから盗まれた94,000以上のBTCを押収しました。資金の回収活動はまだ続いています。

雑誌:仮想通貨の報告書2011年-2020年の取引所ハック