米国政府がFTXの調査を推進し、控訴裁判所に到達 – 最新情報はこちらです

米国政府は、破綻した仮想通貨取引所FTXの独立調査を推進しており、その問題は火曜日に米国第三巡回控訴裁判所に言及された。

デラウェア地区裁判官コルム・F・コノリーによって下された判決は、裁判官がこの事件を控訴裁判所に移送すべきかどうかは裁判官の判断によるものではないと主張している。

この判決は、米国司法省の一部門であるU.S. Trusteeが要請した場合、かつ「事実の問題」がない場合に限り適用されるとされている。

判決によると、この場合、「事実に関する議論はない」と判事はさらに書き記しており、「調査官を要請することについて、誰も異議を唱えていない」と述べた。

「したがって、私にはU.S. Trusteeの請求を受け入れる以外に選択肢はありません」と判事は付け加えた。

米国政府は、今年1月に民主党と共和党の上院議員団がFTXの破綻に関する調査を求めた後、この問題を推進している。彼らは、「FTXの崩壊につながった活動の徹底的で客観的な調査が必要だ」と主張していた。

FTXの新しい経営陣から、このような調査は破産管財人に最大1億ドルの法律費用を負担させる可能性があると警告を受けたにもかかわらず、この調査要請は行われた。

また、破産裁判官のジョン・ドーシーは3月に、調査官の任命は費用と時間がかかりすぎるとして拒否しているにもかかわらず、FTX崩壊の調査を求める呼びかけが行われている。

FTXは2022年11月に破産を申請し、同取引所のCEOであるサム・バンクマン・フリードは12月に逮捕された。

元取引所CEOは、全ての告訴に対して有罪判決を受けると最大100年以上の刑務所刑を受ける可能性がある。