米司法省、破産したBittrex社が罰金支払い前に顧客に返金する計画に反対

アメリカ司法省は、破産した暗号通貨取引プラットフォームBittrexが顧客に暗号通貨と法定通貨を引き出すことを許可する動議に異議を申し立てました。アメリカ財務省の外国資産制限事務所(OFAC)は、Bittrexの最大債権者ですが、Bittrexの提案によって優先されることになります。

Bittrexは、2014年から2017年にかけて、クリミア、キューバ、イラン、スーダン、シリアに拠点を置く個人が取引を行うことを許可したため、OFACと財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)の双方から制裁違反で告訴されました。それぞれ2,400万ドルと2,900万ドルの罰金が科せられました。

Bittrexの広報担当者は当時、交換所が「喜んで」告訴を解決したとKocooに語りました。Bittrexは、罰則のうち2,400万ドルをFinCENに支払うことに同意し、FinCENから5百万ドルのクレジットを受け取りました。一方、OFACはBittrexに2,400万ドルのクレジットを与えましたが、これは今でもBittrexの最大の債務です。

関連記事:米国でのBittrexのシャットダウンとSECの行動について-Bittrex Global CEO at Consensus 2023

暗号通貨プラットフォームの問題はそこで終わりませんでした。4月には、米国証券取引委員会が未登録の証券取引でBittrexを訴え、この行動も金銭的な罰則につながる可能性があります。5月には、Bittrexはデラウェア地区の米国破産裁判所で破産を申請しました。破産の申請から数日後、Bittrexは顧客を完全に回復させる計画を提案しました。

興味深い。#Bittrexの最大の債権者は、AML(マネーロンダリング防止)管理と米国外交政策と国家安全保障目標に基づく経済および貿易制裁の執行を担当するOFAC(外国資産制限事務所)です。これがなぜ彼らが第11章に入ったかわかります。 pic.twitter.com/sAg96t3jv3

— Simon Dixon (@SimonDixonTwitt) May 9, 2023

司法省は、6月7日の提出書類で、Bittrexの提案が他の債権者よりも優先して支払うことができる基準を不適切に適用していると主張しました。提出書類は次のように述べています。

「公正さと公平さから、OFACとFinCENの債務が確認によって完全に支払われない場合、米国は通貨資産が債務者に属しており、顧客から回収できる可能性があることを証明する機会を持つべきです。」

司法省はまた、Bittrexの動議がまだ裁判所によって確認されていないため、時期尚早であると異議を申し立てました。破産聴聞会は6月14日に行われます。

雑誌:ローグ国家が経済制裁を回避する一方、暗号通貨は間違っているのか?