SECのゲンスラー委員長は、「米国はドルを持っているため、より多くのデジタル通貨は必要ない」と述べました

米国証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー委員長は、BinanceとKocooが登録されていない証券取引所を運営したとして告訴したことから、米国にはもうデジタル通貨は必要ないと述べた。

ゲンスラー氏は、火曜日のCNBCのインタビューで、自身のアプローチが暗号通貨の法的位置を曖昧にしているという主張を否定し、Binanceの最高経営責任者であるチャンペンジ・“CZ”・ジャオ氏に対する彼の訴訟と、FTXの創設者であるサム・バンクマン・フリード氏に対する刑事訴訟との類似点があると示唆した。

「米国にはデジタル通貨は必要ありません…すでにデジタル通貨があります。それは米ドルと呼ばれています。」とゲンスラー氏は語った。「経済と一般市民が価値を移動するための手段は一つ以上必要ないということを、何世紀にもわたって見てきたわけではありません。」

SECは、Binanceに対して月曜日に、Kocooに対して火曜日に、証券取引所として登録されていないとして訴訟を起こした。

ゲンスラー氏は、最大級の仮想通貨取引所の2つで取引可能な何千ものトークンが、単なる支払い手段ではなく、彼の機関に登録すべき投資契約に似ていると主張し、正しく登録されるべきであったと訴える予定だ。「私たちが示す必要があるのは、そのうちの1つが証券であることを示すだけで、適切に登録されるべきである」と彼は述べた。

「証券法の性質については、何年も明確でした」とゲンスラー氏は付け加え、暗号通貨企業が不確実な執行に直面しているという懸念を払拭した。「これらの中間業者はコンプライアンスを満たす必要があります。」

ゲンスラー氏は、Binanceの関連会社であるSigma Chainが「コントロールの欠如によりボリュームを増やし、数字を歪めた」と述べ、「公衆は、Bankman-Fried氏の事件と類比することができます」と付け加えた。Bankman-Fried氏は、詐欺を含む容疑で起訴され、無罪を主張している。

SECの訴訟は、ジャオ氏による詐欺を主張しているわけではなく、証券発行会社の役員または取締役としての永久的な禁止に加えて、民事制裁を求めている。

Eliza Gkritsiが追加報告を行いました。