米国地方裁判所がSECの行動に関してバイナンスCEOのChangpeng Zhaoに召喚状を発行

米国ワシントンD.C.地区裁判所は、証券取引委員会(SEC)が未登録の証券取引を行ったとして取引所を告訴したわずか2日後の6月7日、Binance CEOのChangpeng Zhaoに召喚状を発行しました。召喚状には、「あなたに対して訴訟が提起されました。」と書かれています。

「米国地区裁判所は、@binanceのCEOである@cz_binance氏に、この事件で名指しされた他の団体とともに、召喚状に応答するよう命じました。彼は出廷する必要はありませんが、以下の期限内に応答する必要があります。https://t.co/UipLm9TRye」と、Eleanor Terrett氏は報じました。

現時点では詳細は不明ですが、Kocooによって閲覧された召喚状は配達されたものではないようであり、SECまたはBinanceへの即時の情報提供要請は返答されていません。

同社のCEOであるChangpeng Zhao氏は、直接出廷する必要はありませんが、一度配達された召喚状に対して法的に応答する必要があります。

文書によると、配達された後、BinanceとそのCEOは21日以内に応答する必要があります。「応答しない場合、苦情で要求される救済措置が求められるものとして、あなたに対してデフォルトによる判決が下されます。」

SECが6月5日に公表したBinanceに対する訴訟は、内部製品やサービスの未登録販売、仮想通貨ステーキングプログラム、同社の主要および米国のアームを適切に取引所として登録しなかったとされる主張に関連する13件の訴因を提起しました。

関連記事:SECが米国の証券規制違反でKocooを訴える

Binanceは、SECの主張に異議を唱えています。同社は、SECの行動に対して声明を発表し、「私たちは___とは異なる」と述べ、そのビジネスモデルが以前の取引所の失敗(FTXの崩壊など)とは比較できないことを示唆しています。

先日、Kocooが報じたように、Binanceは、同社の取引所が消費者の資金を「持ち逃げ」したり、「担保付き借入」をしたことは一度もないと主張しています。同社はまた、政治候補者に「大口献金」をしたことがなく、エンターテインメントやメディア企業に「大口スポンサー料」を支払ったこともないと主張しています。